芸能

【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)

 国民的アイドルの弟が、地上波ドラマに初出演──そのニュースにファンは沸いた。6月11日放送開始のドラマ『さっちゃん、僕は。』(TBS系)のキャストにNumber_iの平野紫耀(27才)の弟・平野莉玖(25才)が名を連ね、話題を呼んでいる。主人公の友人役で、莉玖は出演発表にあたり、「演技に挑戦をしたことがなかったので不安な気持ちもありましたが、新しいことにチャレンジするワクワクもあって、出演が決まりすごくうれしかった」とコメントした。

 昨年まで莉玖は「平野紫耀の弟」であることを公に明かすことはなかったが、一部の“平野のファン”の間では存在を知られていた。

「紫耀さんがTOBEに加入してさらなる飛躍を遂げたのとシンクロするように、徐々に莉玖さんも活動の幅を広げてきました。実は、地上波ドラマでの俳優デビューに続き、すでに初の主演映画も控えているんです。理想を求めて突き進む兄の姿に触発されたのかもしれません」(芸能関係者)

 2020年、莉玖は21才のときに自らのアパレルブランド『RKS RICKY』を立ち上げた。

「莉玖さんが主にデザインを担い、母親もブランド運営には全面的に協力していました。また、年の離れた妹もモデルとして商品を着用するなど、平野家一丸となってアパレル事業に取り組んでいるようです。公式インスタグラムにはたびたび仲睦まじい平野家の様子がアップされています」(前出・芸能関係者)

 当時、「King & Prince」で、すでに国民的アイドルとして名を馳せていた平野は、弟をすかさずバックアップした。

「紫耀さんはたびたび、莉玖さんのブランドの服を着ている写真を自らのブログにアップ。それを見て莉玖さんと紫耀さんの関係に気づくファンが増えていったのです。紫耀さんの強力な“援護射撃”を受け、莉玖さんは1年足らずでビジネスを軌道に乗せ、期間限定でオープンしたショップの店頭に立った際は、紫耀さんについての兄弟トークにも気さくに対応。2021年には約1万円のTシャツ付き写真集を発売しました」(前出・芸能関係者)

 しかし、莉玖の名が広く知れ渡ると、批判の声も増えていった。

「一部から“お兄さんのファンを相手に商売をしている”“お兄さんを広告塔にするのはよくない”といった声が多くあがりました。紫耀さんもその声を無視できないと思ったのでしょう。それからしばらくは2人の関係は伏せられるようになりました」(前出・芸能関係者)

 風向きが変わったのは2023年12月。莉玖が「平野紫耀の弟」としてRIKU名義でシングル曲を発売。そして今年5月、満を持して地上波バラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した。

「莉玖さんは、前事務所を退所し次々に大きな夢を叶えていく兄の背中を追いかけたいと思ったそうです。だからこそ同じフィールドに飛び込み、憧れである兄の存在を隠さずに活動していくことを決めたのです。

 番組では、明石家さんまさん(68才)など百戦錬磨のタレントたちを前に臆することなく、名古屋から来た『平野紫耀の弟』としてトークを繰り広げました。印象的だったのは、女手一つで育ててくれたというお母さんへの感謝の思いを話していたことです。紫耀さんもたびたび表立って母親について語っていましたが、兄弟で同じ思いを抱えているということなんでしょうね」(テレビ局関係者)

 なお、5月30日発売の『女性セブン』では、平野兄弟と母親との知られざる秘話などについて詳しく報じている。

※女性セブン2024年6月13日号

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン