芸能

《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)

 6月18日、シンガーソングライター・aiko(48)が代表取締役をつとめる所属事務所「buddy go」に約1億円の損害を与えたとして、会社法違反(特別背任)の罪に問われている元取締役・千葉篤史被告(58)の公判が東京地裁で行われた。aiko本人も証人出廷し、「全てにおいて洗脳されていた」と語った。

「千葉被告は、2016年9月から約2年半の間、aikoさんのコンサートツアーの販売グッズの仕入れを水増し請求するなどしたとされています。aikoさんによると、ライブ運営やグッズ制作などについて決める上で、千葉被告の確認が必要な体制になっていたそうで、公判では『全てを否定される。逆らうと音楽制作に影響が出るかもしれないという恐怖があり、(不正については)聞けなかった』と明かしていました」(全国紙の社会部記者)

 aikoにとって、千葉被告は“育ての親”のような存在だった。

「千葉さんは、中央大学法学部を卒業後、ポニーキャニオンに入社しました。今でこそ大物歌手のaikoさんですが、デモテープが回ってきたときは、社内の誰も手を挙げませんでした。千葉さんは、周囲に『なぜあんな子を担当するんだ?』と不思議がられながらもaikoさんをメジャーデビューに導き、2000年に発売したセカンドアルバム『桜の木の下』はミリオンヒットを記録。プロデューサーとして、彼女をトップアーティストに押し上げました」(レコード会社の関係者)

いつしか洗脳されていたaiko

 2人の出会いは1995年にさかのぼる。きっかけは、aikoが短大在学中に出場し、グランプリを獲得したコンテストだ。しかし、自身を気にかける千葉被告に対して、aikoがなかなか心を開けずにいる時期が続いた。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン