携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20120731_131826.html

注目のビジュアル

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

会見で涙を拭う小保方晴子氏

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

謎の美女・祥子

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


暴力団が除染講習会に潜り込み資格取得 儲かる除染作業参入

2012.07.31 16:00

 大飯原発が再稼働したものの、まだ多くの原発が停止したままだ。しかし、原子力ムラは一向に困らない。なぜなら、原発が停止しても、新たに「除染」利権が誕生したからだ。ジャーナリストの伊藤博敏氏が指摘する。

 * * *
 昨年9月、内閣府は日本原子力研究開発機構に「避難区域等における除染実証業務」を約119億円で丸投げした。同機構は、高速増殖炉もんじゅや青森県六ヶ所村における核融合の研究開発にあたる組織で、「原子力ムラ」の中核と言っていい。発注は、「除染作業に知識と経験がある」という理由からだが、結局、機構もゼネコンを中核とするJVに丸投げ。「除染実証業務」の3地区を受注したのは原子炉建屋などの実績順に、鹿島(24基)、大林(11基)、大成(10基)の3社JVだった。

 こうしたモデル事業での実績をもとに、ゼネコンは環境省発注の警戒区域内などの除染や、指定された104か所の自治体発注の除染も、ほぼ独占的に受注し、“談合”で割り振ることが多い。

 言うまでもないことだが、談合は犯罪である。地検特捜部などが長い歳月をかけて摘発し、ようやく談合組織を壊滅に追い込んだ経緯がある。それが、大震災を機に復活したのだ。実は検察も、「いつまでも非常時ではない!」と、 今年3月頃から摘発を視野に入れた内偵に入っていた。

 そうした捜査当局の意図を察知したかのように、復興庁と国土交通省は、被災地の復興工事でコンストラクション・マネジメント(CM)方式と呼ばれる新たな発注方式の導入を決め、7月から宮城県で始めることになった。

 これまで自治体が、公共工事を調査・設計、工事施工などに分けて発注していたものを、「コンストラクション・マネージャー(CMR)」という建設管理業者に丸投げ。そこが各業者に発注する。「官」がCMRに想定しているのはゼネコン。要はゼネコンへの丸投げであり、現在の「官製談合」の違法を、合法に変えるシステムだ。

 こうして東北では、莫大な除染・復興予算を、ゼネコン、サブコン、土建業者などが、分け合う体制が確立した。

 東北は、不況の続く日本の起爆剤。そのあふれる予算に期待し、蠢き始めた有象無象は少なくない。暴力団もしかり。暴力団系手配業者が原発に作業員を送り込んでいるのは周知の事実だったが、被災して事業を投げ出した土建業者の組合員資格を買い取った暴力団系業者が、談合でやすやすと工事を受注。また、彼らは満員盛況の「除染講習会」に潜り込み、資格を取って除染作業に入り込んでいる。

 憂慮した環境省は、今年3月、福島県警と合同で、除染やがれき処理から暴力団を排除する対策協議会を立ち上げた。彼らの確実な“侵食”を物語るのは、5月に福島第二原発が立地する楢葉町の渡辺征・商工会長が銃刀法違反で逮捕されたことだろう。

 渡辺被告は、商工会長ほか建設業協会会長、漁業協同組合組合長などを務める町の“顔役”だったが、除染・復興利権を手にするようになって、カネ回りが良くなった。1000万円台の車を購入、羽振りがよくなった渡辺被告に群がる海千山千が多くなり、そうした渡辺被告に拳銃を手渡した組織があり、同時に被告の「独占」を快く思わない勢力によって、警察に「刺された」ということのようだ。

※SAPIO2012年8月1・8日号


人気ランキング

1.
宮沢りえ離婚問題が泥沼化 親権主張する夫は「切り札」持つ
2.
向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた
3.
EXILEがレモンサワーで誕生会 過去に2500杯飲んだことも
4.
結婚間近報道・観月ありさ 恋人と前妻・上原さくらの泥沼
5.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
6.
TAKAHIRO EXILEの飲み会へ行かずに板野友美と焼肉デート
7.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」
8.
川島なお美 過度のワインと減量が肝内胆管がん原因可能性も
9.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
10.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面

今日のオススメ

提供元一覧

エストロゲン

緊急書き下ろし!『クオリティ国家という戦略』

やむを得ず早起き

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。