ライフ

「ペット禁止」マンションが「ペットOK」に カネ取れる?

「ペット禁止」を前提に借りたマンションだったのに、急に変更された場合、どうすればよいのか――弁護士の竹下正己氏に聞いてみました。

【質問】
 子供にアレルギー喘息があるため、「ペット禁止」のマンションを借りたのですが、入居して間もなくこのきまりが変わって、ペットを飼ってもよいことになりました。子供のことを考えて転居するしかありませんが、釈然としません。管理会社に引っ越し料などを請求することはできるでしょうか。

【回答】
 ペット禁止が契約条件としてあったか、また、お子さんに動物アレルギーがあることが賃貸人に告知されていたかという点がポイントです。ペット禁止という話がマンションの管理状態の説明にとどまれば、契約の条件とまではいえず、その後変更になっても、違約にならないこともあり得ます。

 例えばマンション一室の持ち主から賃借したとすれば、ペット禁止が明確に約束として保証されない限り、契約時点の状態を説明したにとどまると解されます。ペット禁止の維持は、その賃貸人が決めることではなく、管理組合などで手続きを経て決定されるので、約束できないからです。その場合、契約時点で、ペット飼育解禁が予想できたのに、虚偽もしくは不十分な説明をしたという場合以外、責任は問えないと考えます。

 しかし、賃貸人がマンション一棟を賃貸している場合であれば、ペット禁止を約束して実行することが可能です。建物の構造上、マンションの住民は壁一つ隔てるだけの生活になり、ペット飼育で糞尿による汚損や臭気、病気の伝染や衛生上の問題、鳴き声による騒音、咬傷事故等から他の入居者の生活に影響をもたらす恐れがあり、しつけが行き届いていても他の入居者に対して不快感を生じさせる可能性があります。そこで、ペット禁止として賃貸した賃貸人はこれを守る義務があり、賃貸借契約の違約になり、賃借人は契約を解除し、損害賠償請求も可能です。

 とはいえ、まわりに悪影響を及ぼさない小動物とか、管理を厳格にするという条件下であれば、違約といえるかは疑問です。

 しかし、契約時にお子さんの動物アレルギーを賃貸人に告知し、ペット禁止が契約の条件であることを明確にしていた場合は別です。転居に要する費用なども損害賠償請求できるでしょう。

※2010年9月17日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン