• TOP
  • 芸能
  • フレディ・マーキュリー 新宿二丁目5回通うもカラオケ拒否

芸能

2011.08.24 07:00  週刊ポスト

フレディ・マーキュリー 新宿二丁目5回通うもカラオケ拒否

 深夜のラジオから流れてきた洋楽に、若者が日々熱狂した時代があった。聴けば当時の記憶が鮮やかに甦ってくるはずだ。そんな時代の秘話をひもといてみよう。ここではクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーのエピソードを紹介する。

 クイーンはイギリス・ロンドン出身の4人組バンド。ベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』は全世界で2500万枚以上を売り上げた。1991年、フレディ・マーキュリーはHIVによりこの世を去っている。

 東京・新宿二丁目のバー『九州男(くすお)』は、フレディのお気に入りの店。マスターの増田逸男氏に彼との思い出を聞いた。

「最初は1985年の春頃。マネージャーと二人でふらりと来てくれ、以来5回ほど通ってくれた。私は有名人でも気後れしないから、フレディとも友達のように接していました。彼はコンサートのチケットをくれたりホテルに誘ってくれたりと、とても気さくな人でしたよ。一緒に写真も撮ってくれたしね。ただカラオケだけはいくら勧めても歌ってくれなかったけど(笑い)」

※週刊ポスト2011年9月2日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス