• TOP
  • 国内
  • バカ売れ『どじょうかりんとう』 次は『どじょうパイ』準備

国内

2011.09.13 07:00  NEWSポストセブン

バカ売れ『どじょうかりんとう』 次は『どじょうパイ』準備

売れ行きと支持率は連動するという

 野田佳彦新内閣が発足した。その支持率は、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞の各世論調査によると、53~65%と上々の滑り出しだ。要因の一つに、詩人・相田みつを氏の作品から引用した「どじょう演説」があるのは間違いないだろう。

 その証左に国会では、甘いどじょうがバカ売れしている。野田新首相にあやかって登場したお土産『どじょうかりんとう』(420円)だ。参議院議員面会所売店・飯野商店では、用意した160袋が2日間で完売する勢いで、「首相にあやかったお土産は、小泉純一郎元首相の『純ちゃんまんじゅう』以来ぱっとしなかったが、『どじょうかりんとう』は久々のヒット」(飯野商店)とホクホク顔だ。

 話題の『どじょうかりんとう』は、どじょうに似せるため、ごまを使って背部を黒っぽくしてある。まんじゅうなど630円のお土産が多い中、420円という割安さもあって、まとめ買いしていく見学者も少なくない。

 製造元の「喜多村」(東京都台東区)では、野田首相の地元・千葉の特産品である落花生を使った『どじょう総理まんじゅう』(630円)や、どじょうの粉末をまぶした『どじょうパイ』(630円)といった第2弾、第3弾を製造中で、9月中旬に売店に並ぶ予定だ。「売れ行きと支持率は連動しているので、野田新首相の今後に期待しています」と話すのは、同社の高橋三雄社長。

 うなぎ上りならぬ“どじょう上り”の売れ行きを見せる『どじょうかりんとう』。野田内閣の支持率も“どじょう上り”していくのだろうか?

関連記事

トピックス