芸能

小林可夢偉 黒木メイサの誘惑に耐えてあびる優の元へ帰還

2010年10月に発覚した、あびる優(25)とF1レーサー・小林可夢偉(25)との熱愛。昨年1月の会見で、あびるは、

「(可夢偉に)プロポーズされたら“はい”といいたい」

と笑顔で話し、昨年シンガポールで開催されたF1レースも、あびるは現地で観戦、海外メディアにもその様子がキャッチされ、結婚秒読みといわれていた。

しかし、ふたりを知るF1関係者からはこんな証言が出てきた。

「ちょうどそのころ、黒木メイサさん(23)が可夢偉さんに猛アタックしていたんです。友人の紹介で知り合ったんですが、彼のファンだったメイサさんが“かっこいい車が欲しいから相談にのってほしい”とか、とにかく押しまくった。あびるちゃんのことなんて関係なかったようですよ。

メイサさんてクールなイメージでしょ? その彼女が海外のレースまで追っかけてきたりしたこともあったそうです。まさに“魔性の女”って感じですね。可夢偉さんでなくても、男性はクラクラしちゃうんじゃないですかね。そんなとき、あびるちゃんに男友達が多いことで誤解があって、ふたりは大げんかになった。メイサさんはそんな傷心の可夢偉さんの胸にすっとはいりこんだんですよ」

昨年10月、三重・鈴鹿で行われた日本グランプリのときには、すでにあびると可夢偉は破局していた。その日本グランプリが終わった10月上旬、可夢偉は、メイサと箱根の温泉で密会していたことを『週刊女性』に報じられた。

「あびるちゃんはものすごいショックを受けていました。でもなにより可夢偉さんの仕事を心配していましたね。彼が日本グランプリでいい成績を残せなかったこともあったし…。それで可夢偉さんのスタッフに“カレ、大丈夫ですか?”って直接電話をしたこともあったみたい」(芸能関係者)

実は可夢偉は、昨年春から、都内に高級マンションを借りていた。シーズンが始まると、ほぼ隔週末、世界中の至るところでレースがあるため、これまでは基本的に実家のある兵庫を拠点にしていた。その彼が都内に家を借りたのは、束の間のオフタイムをあびると過ごすためだったという。

「そこでほとんど同棲のような暮らしを続けていたんですが、別れてからもあびるちゃんは、その部屋で彼の帰りを待ち続けていたんですよ。“きっと、いつか私のところに帰ってきてくれる”って、自分にいい聞かせるようにいってました」(前出・芸能関係者)

そんな思いが通じたのだろう。昨年秋、可夢偉はあびるの元へと帰ってきた。とある日の深夜0時過ぎの東京・六本木では、カラオケラウンジでデュエットするあびると可夢偉の姿が目撃されている。そこであびるは可夢偉の膝の上に座ったり、そのままチューするシーンもあった。

ちなみに、一方のメイサは、赤西仁(27)とあっという間に親しくなり、スポーツ紙に熱愛を報じられることとなったのだ。

※女性セブン2012年2月16日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン