国内

木嶋佳苗 詐欺時の偽名は凄い美人の中学同級生の名前使った

 コンカツ詐欺で三人の男性を殺害したとして、一審で死刑判決が出た木嶋佳苗被告(37歳)。100日間の裁判を傍聴し続け、「毒婦。」(朝日新聞出版)を上梓した、文筆家で女性用アダルトグッズショップ「ラブピースクラブ」代表の北原みのりさんは、木嶋被告の故郷まで取材に訪れている。その北原さんが、「私と佳苗」について語った。(聞き手=ノンフィクション・ライター神田憲行)

 * * *

−−北原さんは佳苗被告の故郷である北海道の別海町まで取材に行かれました。どんな町なんですか。

北原:人より牛が多くて、稼働しているタクシーが2台しかない町でした。ちょっとびっくりしたのは、彼女の中学時代の名簿を頼りに当時の同級生たちに電話すると、ほとんどの人がそのまま住んでいたこと。普通、地方の田舎って、仕事を探して都会に出て行ったりするじゃありませんか。別海町は別海町の中で生き続けられるんです。

 むしろ、東京どころか、札幌に出て行くのは大変なことなのだと感じました。同級生の中には15年間、ずっと同じコンビニで働いている人もいました。出稼ぎに出なくてはいけないほど貧しくはない。でも町にあるのは他人の視線だけ。映画や小説でアメリカの田舎の閉塞感が描かれることがありますが、まさにあんな感じです。

 そんななかで、佳苗の叔母さんはアメリカ留学の経験があったり、佳苗被告を含めて四人兄姉みんな東京に出てきた木嶋家は特殊だったと思う。佳苗被告が地元の人たちと自分は違うという意識を持ったのは、すごくよくわかる。

−−中学生時代の佳苗被告はどんな子供だったのでしょう。

北原:中学生のころに佳苗被告は知人宅から通帳と印鑑を持ち出して300万円を引き出そうとしたんですが、郵便局員の機転で通報されています。さらに高校生のころも同じ事をして、これは実際に引き出してお父さんが弁償しています。深い付き合いの友人もいない。男性の同級生たちに聞いても、記憶がおぼろげでした。

−−もともと、いろんな事件を起こしていた人物なんですね。

北原:ええ、東京に出てきてからも、万引きで捕まったりしています。いちばん大きいのが、ネットオークション詐欺で逮捕されていること。偽名で登録して、パソコンの代金を振り込ませて品物を送らなかった。

 興味深いのはそのときの偽名なんです。ちょっと変わった女性の名前を使っているんですが、その名前の人物は佳苗被告の中学の同級生なんですよ。しかも凄い美人で中学のスターみたいだった人。

 あれだけ自分のことを特別な存在だと思い、故郷の気配を消そうとした人が、なぜそこだけ故郷につながる名前を拝借したのか。男の同級生の誰も記憶に残らない女の子が、スターみたいな子に複雑な感情を抱いていたのかも知れません。

−−佳苗被告がそういうコンプレックスじみたものを感じさせるのは、珍しいんですか。

北原:ええ、超ポジティブ、何でも良いように言い換える人ですから。オークション詐欺で逮捕されたことは今回の裁判で触れられたんですが、留置場に入れられていたときのことを佳苗被告は「あたしが霞ヶ関にいたころ」って表現するんですよ!まるで官僚として働いてみたいな言い方ですが、それ、留置場だろう(笑)!

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン