ライフ

無駄遣い削減FP 「女性の“使わない貴金属”は換金すべし」

 昨今の女性の「断捨離」「お片づけ(収納)」ブームで明らかになるのは、いかに捨てられない女性が多いかということだが、そんな折、田中貴金属は“日本の女性たちに自宅で眠らせている貴金属ジュエリー”についてアンケートを実施。すると、「持っているが使用していない貴金属ジュエリーの有無」については、約80%の女性が「ある」と回答したという。

 さらにそんな自宅の眠った貴金属ジュエリーを金額に換算すると、1人あたり平均4万627円計算になるといい、“日本全国で使用されずに眠る貴金属ジュエリーの総額”は推定1兆6550億円で、まさに「埋蔵金」。

 1兆6550億円というと、東京スカイツリー(総建設費約600億円)の総建設費約27塔分。サラリーマンのお小遣い1カ月分(3万9600円、2012年新生銀行調べ)にすると、実に4179万4487人分になる換算だが、ファイナンシャル・プランナーで無駄遣い削減アドバイザーの伊藤亮太氏はこう語る。

「ここ20年、ボーナスや給料は下がる傾向にあるにもかかわらず、主婦のへそくりは上昇するなど、女性は堅実に“ためる”一方で、ちょっとした“プレゼント”や“自分へのご褒美”、“プチ贅沢”も大好き。買っただけで満足しているものや、流行のものは特に飽きてしまうことにもなり、意外にどの家庭においても眠っているお宝が存在する可能性はあるのではないでしょうか。

 この際、一度家の中に眠っていると思われる貴金属を探してみてはいかがでしょう。金価格も1g=4000円を超えるなど10年前と比較して4倍の水準。使用せず眠っている貴金属は実はとんでもないお宝に化けるかもしれません。もしかすると、旅行に行けるぐらいの資金を確保できるかも。格別の思い出があるなどといった場合を除き、使わない・持っていても仕方がない貴金属ほどムダなものはありません。

 なお、投資という観点からは、金はインフレに対応する点、世界経済の混乱は金価格上昇につながる点を考慮すると、タイミングなど、情報収集を怠りなく。今後まだ値段が上がる可能性もあるためです。とはいっても、“いらない”と思ったときが売り時かもしれません」

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン