国内

食品カロリー表示 誤差20%容認のため悪用し“過少申告”も

「健康ブーム」「ダイエットブーム」に乗って、次々とヘルシーを前面に打ち出した商品が発表されている。特に最近は、飲料を中心として「ゼロカロリー」「カロリーオフ」なる言葉をよく耳にするだろう。

 技術の革新とともに、本来の味を損なわないまま、カロリーだけを抑える。なんとゼロにもなる──。まさに夢のような食品だが、果たしてそんなことは本当に可能なのだろうか。

 結論からいえば、実は少しだけカロリーがある。こうした文言を謳う場合、消費者庁によって、その基準値が決まっている。基準値よりも低ければ、そう謳ってもよいということである(以下断わりがない限り、すべて食品なら100グラムあたり、飲料なら100ミリリットルあたりの基準値の数値)。

●ゼロカロリー
→5キロカロリー

●カロリーオフ
→食品は40キロカロリー、飲料は20キロカロリー。ちなみに、これは砂糖や脂肪などにも適用される。

●ノンシュガー(無糖)
→0.5グラム

●微糖
→食品5グラム、飲料2.5グラム

●無脂肪
→0.5グラム

●低脂肪
→食品3グラム、飲料1.5グラム

 さて、ここからが本題だ。確かに基準値だけ見ると、例えば「ゼロカロリー」などは、確かにほとんどカロリーがないことになる。しかしポイントは、これが「100グラム(ミリリットル)あたり」の値であるということだ。つまり、実際に体に入れる量であるボトル1本あたりに換算すると、この数倍になるのである。

 実際の商品に掲載された成分表示も、100グラム(ミリリットル)あたりの単位となっているものがほとんどなので、錯覚しやすい。冷静に考えれば気づきそうなものだが、意外と見落としている。

 さらにカロリー表示については、あまり知られていない事実がある。

 食材には産地や季節、部位によって含有成分も違えば、調理法によってもカロリーは変わる。そのため食品のカロリー表示には健康増進法によって、誤差が容認されている。だがその数値は、なんと「プラスマイナス20%」もの幅があるのだ。

 つまり、スーパーの店頭に並ぶ「800キロカロリーの弁当」が、実際には1000キロカロリーであったとしても、何らお咎めはない。そうなると、この誤差を悪用して“過少申告”する、確信犯的商品が珍しくなくなってくる。

「本当は1000キロカロリーあるメニューでも、少なめに表示して、少しでもヘルシーなものに見せることがあります」(弁当店スタッフ)

 弁当や惣菜に表示された数字、飲食店のメニューに記載されたカロリー数は、公的な機関が発表したものではない。あくまで店員もしくは栄養士が、文科省が発行している「日本食品標準成分表」をもとに計算して、弾きだしたものでしかないのだ。

※週刊ポスト2013年6月28日号

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト