ビジネス

食材宅配業者は「情報公開」が基本 放射性物質検査の数値も

食材宅配 安全へのこだわり

 東京電力福島第1原発から汚染水が海へ流出している問題は、私たちの「食の安全」への意識をまた新たにさせている。

 原発事故以前の“食の関心事”といえば、「残留農薬」や「添加物」、「原産国」だった。輸入農産物の残留農薬やBSE問題、鳥インフルエンザに毒物混入事件、食品偽装事件などが頻発し、改めて注意喚起がなされた。やがてロハス、スローフード、オーガニックといった食のトレンドも誕生し、有機野菜や無農薬野菜、無添加食品が注目を集めるようになった。

 そのような背景から利用者が急増し、急成長を遂げているのが食材宅配サービス業者だ。会員になることで各社こだわりの食材や食品、ひいては日用品にいたるまでの様々な商品を購入できる。また、自宅まで届けてくれるという利便性も忙しい主婦には嬉しい点だ。

 原発事故以降は多くの業者で放射性物質検査を行なうようになり、利用者がさらに増えているという。2015年度に食材宅配業の市場規模は、対2011年度比で1.2倍、1兆2000億円に達すると見られている(矢野経済研究所の予測)。

 なかでも徹底した品質管理に定評のあるのが「らでぃっしゅぼーや」だ。自社独自の商品取扱基準「RADIX」の設定や、放射性物質の許容数値を国の1/2までとするなど、利用者の安心・安全に寄り添う姿勢を明らかにしている。1級フードアナリスト里井真由美氏が同社を取材した。

 利用者の信頼を得るための施策について尋ねる里井氏に、経営企画部の益貴大氏はこう答えた。

「情報開示/品質管理を行なうにあたって、商品取扱基準をかなり厳しく設定しています。有機野菜を名乗る上で取得が必要な『有機JAS』基準に近い基準ですが、さらにトレーサビリティ(追跡可能性)を明確にするために細かい項目となっています。

 また、私たちが得た生産者の方に関する情報などは、すべてお客様にも公開しています。住所などもお伝えするので、お客様から生産者の方へ『にんじん、とってもおいしかったです』とお手紙が届くんですよ。品質はもちろんですが、人と人とのつながりを大切にしながらお客様へ商品を運ぶ、この姿勢を何より大切にしています」

「らでぃっしゅぽーや」は、放射性物質検査について、自社検査を行なう社もあるなかで、第三者機関に委託をしている。その理由について、執行役員品質保証部担当の親跡博史氏が語った。

「放射性物質検査は、非常に専門性の高い検査です。25年以上の実績をお持ちの無添加食品販売協同組合検査センターならば、確かな数値をお客様に公開できると確信したので、お願いすることにしました。(なお、検査品目が増えた場合に備えて複数の検査機関で検査しています)

 放射性物質の怖さ、人体への影響、これからどうなるのか、すべて不透明ですよね。そのなかで私たちにできることは、『○○シーベルト以上の放射性物質が検出されたら販売しません』と数値を明確にすること、そして正確な検査結果をお客様にお伝えすることだと思うのです」

 残念ながら、原発事故によって私たちの食卓に落とされた暗い影は、まだまだ消えそうにない。ならば、消費者にとって「らでぃっしゅぼーや」のような“食のパートナー”を見つけておくのは賢い選択かもしれない。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン