ライフ

美容男子 プチプラアイブロウ使い、ヘアアイロンで外ハネも

 これまで主に女性のものと思われてきた美容だが、昨今インターネットを中心に「美容男子」「綺麗男(きれお)」という言葉が登場するなど、男性の美容志向が高まってきているようだ。特に、年代が若い男性ほど美容に対する関心が高いというが、女性の目にはどう映っているのだろうか。今回は6名の女性が集まり、自身の周りにいる「美容男子」の主な特徴を語った。

【その1】高級ヘアケア用品を愛用
「元カレがケラスターゼ(ロレアルのヘアケア用品)を愛用しているんです。高いヘアケア用品なので私でも買うのを我慢しているのに、彼はシャンプーから洗い流さないトリートメントまで揃えて使っていましたね(笑)」(広告代理店勤務・24歳)

【その2】プチプラコスメのアイブロウを使う
「私の元カレはKATE(カネボウのコスメブランド)のアイブロウを使って眉毛を描いていました。KATEのアイブロウといえば女子中高生がこぞって使うマストアイテムだと思うんですが、男がメイクをすることに麻痺していたのかもしれないですね」(大学院生・26歳)

【その3】印象良くするためにコンシーラー
「私の彼氏は営業で印象を良くする為にといって目の下のクマを隠すコンシーラーを使ってますよ。しかもカバーマーク(コスメブランド)の良いやつなんです! テレビに出る人なら分かるけど、一般人の男がコンシーラー使う時代なのか、とびっくりしましたね」(大学生・21歳)

【その4】ヘアアイロンで外ハネを作る
「大学時代に付き合っていた予備校講師が、VS(ヴィダルサスーン)のヘアアイロンで毎日外ハネを作ってたんですよね。洗面所にアイロンがあって、知らない女のかと思ったんですが、自分で使ってたみたいです。その人は美容オタクという感じで、高級なヨーグルトを買って毎日肌のために食べていました(笑)」(マスコミ勤務・24歳)

【その5】岩盤浴と銭湯でデトックス
「大学の友達の男子が、頻繁に銭湯と岩盤浴に通ってデトックスをしているんです(笑)。彼女と行くなら分かるんですが、男同士で岩盤浴に行くというのがちょっと美容男子っぽいですよね」(大学生・22歳)

【その6】縮毛矯正した前髪をアイロンで巻く
「マスコミ関係に勤めていた元カレは重度のくせ毛だったんですが、かなりの頻度で前髪に縮毛矯正をかけていましたね。ところが、せっかくまっすぐになった前髪をヘアアイロンでくるくる巻いて形を整えていて、本当にめんどくさかった。髪の毛を触ろうとすると『スタイリングが崩れるからやめろ』とか言われる始末でした」(大学院生・23歳)

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト