芸能

胸ポチ上等の長澤まさみ「ノーパットブラをつけたい気分」

 5月にフランスで行われた『カンヌ国際映画祭』のレッドカーペットに、胸元のスリットから下乳がこぼれるという大胆なドレスで登場した長澤まさみ(27才)。今度は女性誌『ar』6月号でのこんな発言が話題になっている。

《胸をしっかり支えてくれる補正的ブラよりも、ノーパッドのフラットなブラをファッション感覚でつけるのが気分。少年っぽい体型に憧れているので…》

 ノーパッドブラは総レースなどでバストを包みこむセクシーなランジェリーで、イタリア発の『ラ ペルラ』など海外セレブが愛用する憧れブランドの定番アイテム。巷ではおしゃれなキャミブラが大流行だが、長澤はその真逆をいく女子力の高さといえる。

 ボディーファッションコンサルタントの土井千鶴さんがこう説明する。

「一般的に日本ではブラに対してバストメイク思考が強いんですが、海外はナチュラル思考で本来のバストラインを美しく演出することが第一。レースのノーパッドブラは肌につけることで、そのレースが浮き上がってきて本当にきれいですから。欧米の女性はおしゃれなドレスを着るように、レースのノーパッドブラをつけることが多いんですよ」

 もちろん、ノーパッドゆえ、胸ポチは必須だが欧米人は気にしない。ロシアのテニスプレーヤー、マリア・シャラポワ(27才)をはじめ、アメリカのアカデミー賞授賞式では、アン・ハサウェイ(31才)なども堂々の胸ポチドレス…。

 日本をはじめアジア圏では「胸ポチは恥ずかしい」という文化だが、長澤は海外セレブ同様、「それが何か?」といわんばかりなのだ。

「ノーパッドブラは、バストにある程度のボリュームがないとキマりませんが、小さいサイズのノーパッドブラもあります。胸の形は人それぞれですし、人によって心地よいブラのデザインは違います。ブラジャーを窮屈だと感じている人は一度挑戦してみるといいと思います。いきなり総レースに抵抗がある人は、布製のノーパッドブラから挑戦してみては?」(前出・土井さん)

※女性セブン2014年7月17日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン