国内

門田隆将 朝日新聞「吉田調書」報道の罪 全文掲載【6/6】

 朝日新聞社長による謝罪会見へつながった「吉田調書」問題。先鞭をつけたのは、週刊ポスト6月20日号(6月9日発売)が掲載したジャーナリスト・門田隆将氏によるレポート〈朝日新聞「吉田調書」スクープは従軍慰安婦虚報と同じだ〉だった。門田氏は、福島第一原発所長だった吉田昌郎氏を生前、唯一インタビューしたジャーナリストである。朝日新聞が書いた「所長命令に違反 原発撤退」はあり得ないと主張した門田氏に対し、朝日はどう答えていたか。改めて、全文を紹介する。

 * * *
(門田隆将 朝日新聞「吉田調書」報道の罪 全文掲載【5/6】のつづき)

 しかし、その男たちも、今回の朝日の報道によれば、

〈外国メディアは残った数十人を「フクシマ・フィフティー」、すなわち福島第一原発に最後まで残った50人の英雄たち、と褒めたたえた。しかし、吉田自身も含め69人が福島第一原発にとどまったのは、所員らが所長の命令に反して福島第二原発に行ってしまった結果に過ぎない〉

 ということにされてしまったのである。

 本店の方針に逆らってまで「事故の拡大」を防ごうとした、つまり家族と故郷を守ろうとした福島の現場の人々は、こうして「現場から吉田所長の命令に違反して逃げた」ことになったのである。東電が憎ければ、現場で命をかけて闘った人たちも朝日は「憎くてたまらない」のだろう。

 朝日新聞広報部からは、

「吉田氏が〝第二原発への撤退”ではなく、〝高線量の場所から一時退避し、すぐに現場に戻れる第一原発構内での待機”を命令したことは記事で示した通りです」

 という回答が寄せられてきた。さらに回答には、

「本回答にもかかわらず、事実と異なる記事を掲載して、当社の名誉・信用を傷つけた場合、断固たる措置を取らざるを得ないことを申し添えます」

 という文言もつけ加えられていた。泉下の吉田氏が、この朝日新聞の言葉を聞いたらどう思うだろうか。

「吉田さんでなければあの事態を救えなかった」

「吉田さんとなら一緒に死ねると思った」

 汚染された原子炉建屋に突入を繰り返した部下たちは私の取材にそう語った。そして吉田氏は部下たちのことを私にこう述べている。

「門田さん、私はただのおっさんですよ。現場の連中が、あの放射能の中を、黙々と作業をやってくれたんだ。そんな危ないところを何度も往復する。それを淡々とやってくれた。彼らがいたからこそ、何とかできたと思う。私は単に、そこで指揮を執っていただけのおっさんです。だから、彼ら現場のことだけは、きちんと書いて欲しいんですよ」

 吉田氏は、あのまま行けば、事故の規模は「チェルノブイリの十倍になっていただろう」とも語った。そんな最悪の事態を必死で止めた人々を、世界中から嘲笑されるような存在に貶める目的は一体、何だろうか。

「記者は訓練によって事実を冷徹に受け止め、イデオロギーを排する視線を持たなければならない」

 それは、新聞記者のあり方を問うジャーナリストとしての基本でもある。ありのままの「事実」を報じるのではなく、自分の「主張」にのみ固執する報道――私は日本人の一人として、そういう朝日新聞のあり方がどうしても理解できないのである。(完)

◆門田隆将(かどた・りゅうしょう)/1958(昭和33)年、高知県生まれ。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。近著に『太平洋戦争 最後の証言』(第一部~第三部・小学館)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP)、『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、『記者たちは海へ向かった 津波と放射能と福島民友新聞』(角川書店)がある。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン