ビジネス

コンビニおでん好調 「つゆだく」「鍋買い」で家庭の食卓に

 だしの香りに誘われて、思わず手を伸ばしてしまうコンビニのおでん。ジャーナリストの鵜飼克郎氏が、その動向についてレポートする。購入時に、意外な裏ワザも存在するようだ。

 * * *
 店舗での販売方法も変化している。かつてはセルフ式が主流だったが、近年は店員がおでんを取る方式に移行しつつあるという。

「セルフ式は具材を崩されたり、衛生面の問題や計算がしにくいという問題がある」(コンビニ店長)

 また、コンビニジャーナリストで『コンビニだけが、なぜ強い?』(朝日新書)の著者である吉岡秀子氏は、

「店員が“声掛け”をして容器によそうことで、お客がおでんを余分に買ってくれる効果もあります。また、地元の方々とのコミュニケーションも生まれるなど、様々なメリットがあります」

 コンビニにとっておでんは、客との会話を生む数少ない商品でもあるのだ。

 この“声掛け”により生まれたのが前述したファミリーマートの『つゆだくおでん』だった。好みが一番分かれるつゆを認識してもらう目的で、「つゆを使ってうどんを食べてみてください」「お鍋に使うと美味しいですよ」と沢山入れたところ、つゆを家に持ち帰った客がカレーうどんや煮物などに使い、その活用法がネットで拡散。おでんの売り上げアップにつながったという。

 また、最近、流行しているのは、“鍋買い”だ。

「主婦や一人暮らしのシニアが買うようになったことで、コンビニおでんが家庭の食卓にも並ぶようになりました。店側も鍋買いを勧めるようになり、おでんの地位が小腹を満たすスナックから惣菜に昇格したのです」(吉岡氏) 

 おでんの老舗店の店主もその成長に一目を置くコンビニおでん。一度、鍋買いをしてみるのも悪くなさそうだ。

※SAPIO2015年1月号

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン