• TOP
  • 国際情報
  • カンボジア、ミャンマー、タイで中国人の悪評が聞こえてくる

国際情報

2015.02.20 07:00  SAPIO

カンボジア、ミャンマー、タイで中国人の悪評が聞こえてくる

 現在、中国が積極的に援助を進めるカンボジアではインフラ開発やビル建設などが急ピッチで進む。

「工事の現場監督は常に中国人。現場周辺に中国人が多数集結し、中国料理屋やカラオケクラブを開いた。しかしそのほとんどが中国人客目当てで地元の庶民にはほとんどお金が落ちてこない。土木作業員は現地民が雇われているが、『奴隷のような扱いで殴られた仲間もいる』との情報もあった」(現地に詳しい日本人ジャーナリスト)

 ミャンマーは2000年頃から中国との関係を強化した。以降、ミャンマー第二の都市マンダレーに殺到した中国人が地元企業を買い漁って土地投機にひた走り、地価高騰で多くの地元住民が都市中心部から立ち退かざるを得なくなった。

 2012年にヒットしたミャンマー人歌手リンリンさんの歌う反中ソング『マンダレーの死』はそんなミャンマーの悲しい現実を浮き彫りにする。

《この都市に住みついた彼らは誰だ?/北東の国からここにたどり着いた隣人/異邦人にメチャクチャにされてしまったのだ/愛するマンダレーは死んだ》

 タイは中国と良好な関係を築いてきた。近年は中国人観光客が増加し、2013年には2673万人に達した。前年比68.8%増という驚異的な伸び率を記録するが、中国人観光客への不満が高まっている。

「大声でわめき、道端で子供に排泄させる中国人観光客のマナーの悪さをタイ人は軽蔑するが、経済的な面から表立って文句を言えない。タイは政治、経済とも華僑に支配されている」(タイ人会社員)

※SAPIO2015年3月号

関連記事

トピックス