芸能

永島昭浩 溺愛する娘・永島優美アナの家に毎週末宿泊する

『めざましテレビ』や『バイキング』で活躍中のユミパンこと、フジテレビの永島優美アナ(23才)。「女性セブン」はそんな彼女の休日をキャッチした。

 2月中旬のとある土曜日、昼12時少し前にユミパンは自宅マンションから出てきた。その隣には、180cm以上ある大柄なイケメン男性が。

 最寄り駅まで歩くと、電車に乗り込んだふたり。ユミパンは男性に背を向け、終始窓から外を眺めている。しかし男性は、そんな彼女の背中に熱い視線を送り続けていた。もう熱愛発覚?と思ったものの、その男性の正体は元サッカー日本代表で、現在はスポーツキャスターの父・永島昭浩(50才)だった。

「神戸在住の昭浩さんは、毎週末、レギュラー番組の出演のため東京に出てきてるんです。そのとき、優美さんの自宅マンションに泊まるんですよ。

 ホテル代を考えればそのほうが安くすみますし、それ以上に、一人暮らしの優美さんが心配で心配で仕方ないんでしょう」(テレビ局関係者)

 彼の溺愛ぶりは以前から有名で、ユミパンの大学の卒業式では、フジ入社が決まって注目を集めていた彼女の後ろを、ボディーガードのように目を光らせながら歩いていたという。

「“優美さんの写真を撮りたい”と話しかけた男性が、人の輪から少し離れたところで撮影しようと誘導すると、“ちょっと待って! どこ行くの!”と大声を上げていました」(大学関係者)

 いつも側に父親の存在があると、普通の娘ならうっとうしいと思ってしまうかもしれない。しかしユミパンにはあまり邪険にできない理由があるんだとか。

「昭浩さんがフジの番組に出演していたこともあり、採用試験の時に、“うちの娘をお願いします”と挨拶して回ったそうです。そうまでして、アナウンサーの夢を応援してくれた昭浩さんに、優美さんはすごく感謝しているそうですよ。

 それに、現役時代より少し太ってしまった昭浩さんですが、“娘の隣を歩くのに、格好悪いわけにはいかない”“パッと見て父親とわかるようなオヤジにはなりたくない”と、体形維持に相当気を使っているそうです。

 そんな努力を知っているから、優美さんはせっかくの休みでも、お父さんとのデートの時間を取るようにしているそうです」(前出・テレビ局関係者)

 この日、電車を降りたふたりは、虎ノ門ヒルズの高層階にあるレストランでランチ。その後、皇居まで約1時間かけて散歩デートを楽しんだ。

※女性セブン2015年3月12日号

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト