ライフ

患者400万人 手足震える原因不明の病に磁気収束超音波治療

 本態性振戦(ほんたいせいしんせん)は、40代以上の約20人に1人、国内に約400万人の患者がいると推計されている。字を書こうとすると震えて書けない、コップ等が持てない、声が震えて思うようにしゃべることができないといった症状が出る。震えは小脳や視床、脳幹などにある特定のエリアで、神経伝達に異常が起こることで不随意運動が起こると考えられているが、原因は不明だ。

 今までは薬物治療が中心で、重症では開頭して心臓ペースメーカーに似た植え込み装置を脳深部に留置し、電気刺激を行なう脳深部刺激療法(DBS)や電極を挿入し、約70℃で焼灼する方法で震えを軽減させていた。

 新百合ヶ丘総合病院の堀智勝名誉院長に聞いた。

「開頭手術は、出血などのリスクがありました。そのため、より患者に低侵襲の治療法を受けてもらおうと、MRIを見ながら、ピンポイントで超音波(磁力線=ビーム)を照射する磁気集束超音波装置が開発されました。虫メガネで、太陽の光を1点に集中させて温度を高めるのと同じ原理で、超音波のエネルギーを脳の1点に集束させ、温度を上げて治療します」

 脳には、血液脳関門といって、薬などが脳に直接入らないようにブロックしている場所がある。認知症の薬の中には、血液脳関門によって、薬が脳に入らないために効果が出ないというものもある。

 そこで、このMRIと連動した磁気集束超音波装置を使い、低い温度のビームを血液脳関門に当てて、一時的にブロックを解除し、薬を脳に入れるということも考えられている。頭蓋骨を切らずに治す治療として、期待されている。

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2015年3月20日号

関連キーワード

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト