ライフ

ピース又吉 これから本読む人にまず勧めたいのは江戸川乱歩

乱歩について語るピース又吉

 今年没後50年を迎える江戸川乱歩。長編小説『火花』(文藝春秋刊)がベストセラーとなっているお笑いコンビ「ピース」又吉直樹氏(34)も熱心な読み手だ。又吉氏が乱歩の魅力を語った。

 * * *
 乱歩作品に共通するジワジワくる怖さや不思議な緊張感にも引き込まれますが、いちばん重要なのは、読み手が主人公の欲望を“少し”理解できることやと思います。乱歩の作品は、たんなる変態の話ではない。

「人間椅子」なら、椅子に入って好きな人に座られたいという主人公の屈折した欲望にどこか共感できるし、鏡の世界に閉じこもる「鏡地獄」もそう。屋根裏を歩き回って節穴から住人の私生活をのぞき見する「屋根裏の散歩者」の郷田三郎の気持ちなんて、実際にやらないにせよ、男ならメチャメチャわかりますよね。だから読むとワクワクするんです。

 他の作家と比べても、設定があってフリやオチもしっかりしていて、途中の世界観も面白い。短い話の中に読書で得ることのできる面白さがすべて詰まっています。こんな怪しげで不穏な雰囲気はなかなか出せない。キャッチーさと同時にコアな怖さもあって、読み手には読書の入り口にも出口にもなる希有な作家です。他に思い当たるのは太宰治くらい。戦前の作品なのに今読んでも全く古さを感じず、違和感なく読み進められるのもすごい。

 あまり読書経験がなく、これから本を読もうという人から「何を読んだらいい?」と聞かれると、まず乱歩を勧めます。

 今回の『火花』は乱歩を意識して書いたわけではないけど、何度も繰り返し読んだ作家なので、芸人としても作家としても無意識的な影響はあるかもしれません。乱歩の好んだ不思議な世界や、アッと驚く仕掛けに魅かれる感性が僕にはある。自分が1人でつくるコントやこれまで書いた短編小説には怪しげな人物が登場する設定が多いのですが、昔にそういう世界を創っていた乱歩には本当に憧れます。

※SAPIO2015年5月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
キャンプで日ハムの選手とコミュニュケーションをとる西川(時事通信フォト)
楽天西川だけじゃない!某若手選手もひた隠す「プロ野球選手の結婚」令和な事情
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
ライブ配信では軽やかに話す稲葉の母(右。写真はインスタより)と、稲葉(左)
B’z稲葉浩志の母、化粧品店経営でネット駆使の辣腕 ライブ配信も大人気
女性セブン
初めて単身で伊勢参拝に臨まれる(9月、東京・港区/宮内庁提供)
悠仁さま「愛子さまより先に伊勢参拝」で崩れる序列 天皇家と秋篠宮家の間に溝か
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
結婚を発表したばかりの弘中綾香アナ
弘中綾香アナ、結婚相手は「大阪出身のコテコテの関西弁を話す人」、新しい名字も局内にメールで報告
NEWSポストセブン