• TOP
  • 国際情報
  • 中国雑誌『知日』編集長 「日本のことは何も知らなかった」

国際情報

2015.05.05 07:00  SAPIO

中国雑誌『知日』編集長 「日本のことは何も知らなかった」

『知日』の蘇静編集長

 現在、中国の若者層から熱烈に支持される月刊誌がある。その名は『知日』(日本では「ちにち」と呼ぶ)、中国人が日本のライフスタイルを「知る」ことをテーマとしている。2011年1月に創刊されるや話題を呼び、毎号5万~10万部を売り上げているという。尖閣問題や反日デモなどで、日中関係は悪化の一途をたどるなか、なぜ「知日」なのか? 北京市内の編集部で、同誌の名物編集長・蘇静氏(33)に話を聞いた。

 * * *
 こんな雑誌を作っていますが、僕は日本語が話せず、もともと日本のことは何も知らないんです。現在でも、同業者から「なんで君が作ってるの?」と聞かれるほど(笑)。
 
 ただ、日本を知らない僕だからこその疑問がありました。日本は中国と同じ東洋の国。なのに、なぜ日本の社会や日本人は、中国と似ているようで異なるのか? その答えを中国の読者に提示することに、大きな意味があると考えました。何より、僕自身も知りたいテーマなんです。これが創刊の大きな動機ですね。
 
 また、僕は編集者としては書籍のデザインにこだわるタイプ。中国の出版物には見た目がイマイチなものも多いので、それを変えたいと考えていました。
 
 中国の読者に、日本をキーワードにした新しいライフスタイルや考え方を提示する。そんなコンセプトの、雑誌を作りたかったんです。
 
 もちろん、世界にはオシャレな国がたくさんあるし、北欧もアメリカも魅力的です。ただ、欧米がテーマだと、中国人の読者からの継続的な関心を集められないように思えました。一方で日本なら、すぐ近所の国なのでみんな興味があるし、これから何年間も雑誌を続けても、きっとネタに困らないだろうと。
 
 近年の中国では、都市部の若者のライフスタイルや興味の方向性が日本に似てきた部分もあります。文化や生活習慣に似た部分があるからこそ、参考にできると考えたんです。

●構成/安田峰俊(ノンフィクション・ライター)
 
※SAPIO2015年6月号

関連記事

トピックス