芸能

小向美奈子 収監の朝にマネージャーと見つめ合い表情和らぐ

マネージャーの言葉に表情を和らげる小向美奈子被告

 4月27日、覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕となった小向美奈子被告(29)に対し、東京地裁は懲役1年6か月の実刑判決を言い渡した。控訴せずにこのまま収監される見込みだが、彼女は判決文が読み上げられる前にその決意を固めていたという。それは、判決の数時間前の姿からもうかがい知れた。本誌だけが独占キャッチした小向被告の「覚悟の朝」を詳報する。

 開廷の約2時間前の午前8時、都内の閑静な住宅街に1台の白いワンボックスカーが停まった。中から出てきたのは黒いスーツに身を包み、険しい表情を浮かべる男性。約3分後、男性が視線を送るマンションのエントランスから小向被告が出てきた。

 黒のパンツスーツに黒いハイヒール。やはり黒のカットソーは胸元にレースがあしらわれ、“スライム乳”が歩くたびに揺れた。薄めのメイクで、男性を見据えて歩み寄る。

 地裁には多くの報道陣が集まっていたが、ここには本誌の記者とカメラマンしかいなかった。

「テレビのワイドショーやスポーツ新聞、週刊誌のうち何社かは小向が今年2月に逮捕された渋谷区の自宅マンション前で張り込んでいたんです。小向はここで恋人と同棲していたのですが、初公判が終わった後に引っ越していた。新しい住所がわからず、彼女の姿を撮るには地裁に車で入る一瞬を狙うしかなかった」(ワイドショースタッフ)

 小向被告を迎えに来た男性は、彼女が長年にわたって信頼を寄せるマネージャーだった。彼は彼女の肩を掴むと、2人はしばらく無言のまま見つめ合い、やがて言葉を交わした。その間約1分。それまで小向被告の表情は少し強ばっているように見えたが、次第に目尻を下げ、優しい表情に変わった。

 小向被告は2009年にも覚せい剤取締法違反で懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けている。2011年、同法違反容疑で2度目に逮捕された際は証拠不十分で不起訴となったが、今回は執行猶予がつかず実刑判決が下されることは「本人も覚悟していた」(関係者)という。

 何を話したのかわからなかったが、「収監」を前にした小向被告とマネージャーの2人だけの短い時間が流れた。

 車に乗り込む小向被告に話を聞こうと本誌記者が声をかけると、「すみません。何も話せません。行ってきます……」と申し訳なさそうな表情で答えた。

※週刊ポスト2015年5月22日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン