ビジネス

自撮り棒は世界で規制強化の方向 装着型広角レンズが流行か

ルーブル美術館でも自撮り棒

 昨年米国TIME誌で「2014年最高の発明品」と称賛された先端にスマートフォンをつけての撮影用具「自撮り棒」。日本でもイベントや観光地でごく普通に使われ、ヒット商品となっている。流行のきっかけをつくったと言われる韓国をはじめとしたアジアだけでなく、欧米でも多くの人に愛用されている。しかし今年になって、使用自粛を求めたり禁止する施設やイベントが増えている。

 映画『ナイト ミュージアム2』の舞台にもなった博物館を運営するアメリカのスミソニアン学術協会は、3月に来館者と展示物の安全のために自撮り棒(selfie sticks)を使用禁止物に加えた。ただし、私的な利用であれば撮影と写真投稿そのものは規制されていない。アメリカでは他にニューヨーク近代美術館やメトロポリタン美術館、フランスはベルサイユ宮殿、イギリスではナショナルギャラリーなどが同様の取り決めをしている。

 施設だけでなくイベントでも同様の動きが続いている。6月29日に始まるテニス4大大会のひとつウィンブルドン選手権でも自撮り棒の使用禁止が決定され、4月末にアナウンスされたとき様々なメディアで大きく取り上げられた。

 規制の動きは海外だけではない。日本でも広がりつつある。自撮り棒を愛用する女子大学生は、人が多く集まるところでは禁止されても仕方ないと思う体験をした。

「iPhone6になってセルフタイマー機能がついたから、安い自撮り棒を買って愛用しています。6に機種変してから使うようになった人が多いと思いますよ。10秒タイマーを使うんですけど、テーマパークで友だちと一緒に棒を伸ばしてシャッターを待っていたら、棒と歩いてきた人がぶつかっちゃったことがあるんです。そんなに強くぶつかってなかったから謝るだけで済んだけど、それ以来、かなり余裕がある場所でだけ使うようにしています」

 似たようなヒヤリさせられる場面が増えたからだろう。東京ディズニーリゾートや北陸新幹線の5駅で使用禁止が定められ、国立科学博物館もホームページで「次の行為はご遠慮ください」と「フラッシュ、三脚、一脚、自撮り棒を用いての撮影」を挙げている。イベントでは8月に開催される音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」や「サマーソニック2015」が持ち込み禁止を明記している。

関連キーワード

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン