国内

世界遺産 登録されたら利点あるが住民に迷惑がかかる例あり

 八幡製鉄所や軍艦島などの「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が新たに世界遺産になる見通しだ。6月28日からドイツで開かれる世界遺産委員会で正式に登録が決まる。

 登録されれば2013年の富士山、2014年の富岡製糸場に続いて3年連続。日本の世界遺産は計19件になる。「登録」されて世界遺産になると、そんなにいいことばかりなのだろうか?

 世界遺産とは、ユネスコの世界遺産条約に基づいて「世界遺産リスト」に登録されたものをいう。

「2015年5月現在、世界には自然遺産197件、文化遺産779件、複合遺産31件の合計1007件あります」(『世界遺産入門』〈シンクタンクせとうち総合研究機構刊〉著者で世界遺産総合研究所所長古田陽久さん)

 自然遺産とは自然の景観や、貴重な動植物の棲息地など。文化遺産は歴史、芸術、学術上の意義を持つ建造物や記念物など。複合遺産は自然と文化両方の価値を持つものだ。

 いずれも「顕著な普遍的価値」を有することが条件になっている。「世界遺産検定」を主催するNPO法人世界遺産アカデミー研究員の本田陽子さんが解説する。

「平たくいえば、どんなに育った環境や文化が違った人が見ても『これはすごい!』と感激したり、驚いたりできるものです」

 日本では観光地としての「お墨付き」をもらうブランドのような感覚で受け取られがちだが、本来の目的は違う。

「あらゆる脅威や危険から遺産を守っていく。世界人類共通の宝物を保護していくことが目的です」(古田さん)

 だが、世界遺産になってもユネスコからの金銭的な援助などは何もない。保護は全面的にその国に委ねられる。

 そもそも世界遺産登録のためにはいくつものハードルを越えなければならないし、登録後の保護の維持も容易ではない。それでも自治体や国が世界遺産登録に躍起になるのは、次のようなメリットがあるからだ。

「非常に大きいのが経済効果です。富岡製糸場は、年間の観光客が5倍強の140万人に急増しました。観光客が来れば宿泊したり食事をしたり、お土産を買ったりと、お金を地元にたくさん落としてくれるから、地域の経済効果は計り知れない」(本田さん)

 2013年に世界遺産になった富士山の経済効果は100億円といわれている。観光客増加に伴い、周辺の道路などのインフラ整備も進む。

「例えば『白川郷・五箇山の合掌造り集落』周辺は世界遺産登録後、高速道路が通じて非常に便利になりました。それは観光客だけでなく、地元の人にとってもメリットが大きい」(古田さん)

 そうした“目に見える”効果だけではない。

「世界遺産があることで地元住民が“ふるさと”に自信が持てる。地元の文化を見直すきっかけにもなります」(本田さん)

 一方、デメリットもある。『白川郷~』の場合、現在も地元住民が暮らしているため、こんなトラブルがあった。

「観光客に勝手に家の中を覗かれたり、戸を開けられたりするなどプライバシーの問題が浮上しました」(本田さん)

 また観光客が押し寄せることで激しい交通渋滞が起こり、地元住民の生活に悪影響が出るケースも少なくない。

「大勢の人が来ることで、マナーの悪さといった問題も起こります。富士山でも、立ち小便やゴミのポイ捨て、落書きなどの行為が問題になりました」(古田さん)

 さらに、自然遺産では外来種の被害など深刻な問題が起こっている。誰もが世界遺産歓迎というわけではない。笑う人もいれば泣く人もいる。決していいことばかりではないことを知っておこう。

※女性セブン2015年6月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン