国内

聖地蒲田の羽根つき餃子 生みの親が明かすおいしく作るコツ

 東京・蒲田は、多くの餃子専門店がひしめく。蒲田の餃子といえば、パリッと香ばしい羽根つき餃子が有名だ。その元祖を訪ねた。

「中国にいたころ、大連で食べたパリパリの焼き肉まんがおいしかったの。それを思い出して餃子に羽根を付けました。たくさん焼いて試した結果、羽根は水20に対して小麦粉1。この比率が薄くパリッと焼けるんです」

 こう話す『■好(■=にんべんに「尓」 ニーハオ)』の店主・八木功さん(81才)こそ、羽根つき餃子の生みの親だった。

 厨房では八木さん秘伝のレシピを元に、中国人の料理人たちが黙々と餃子を包んでいる。その数、なんと1日に5000~8000個!

「粗挽き肉に豚骨と鶏がらスープを混ぜ、一晩寝かせてスープをたっぷり染み込ませる。これがうちのおいしさの秘密。味がしっかりついているので、まずはそのまま食べてみて」(八木さん)

 黄金色の繊細な羽根が舌の上でパリッと崩れ、噛み締めるともちもちの皮の中から、肉のエキスがジュワ~ッ。にんにくが入っていないので、あっさりして何個でも食べられそう…。

 八木さんが成功した『ニーハオ』を追うように、弟妹たちも餃子店を開店した。弟の店が『金春(コンパル)』、妹の店が『歓迎(ホアンヨン)』で、この3店舗が蒲田の餃子御三家と呼ばれる。同じ羽根つきでも、その薄さや食感、あんの味が全然違う。餃子の街、蒲田で御三家の味を食べ比べるのがおすすめだ。

【店舗データ】
■ニーハオ 別館(本館は休業中)
【住所】東京都大田区蒲田4-25-7ハネサムビルB1F

※女性セブン2015年6月4日号

関連キーワード

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン