• TOP
  • ライフ
  • 250万部ベストセラー『HOW TO SEX』 バレエから着想された

ライフ

2015.08.14 16:00  週刊ポスト

250万部ベストセラー『HOW TO SEX』 バレエから着想された

 近年では“性”をオープンに語る風潮も生まれてきたが、現代に比べ性の抑圧が厳しく、情報も乏しかった1960年代から1970年代に、男女が抱えるセックスの悩みを雑誌やテレビ、ラジオを通じて相談に乗ってくれるカウンセラーの存在は、まさに救世主だった。

 当時活躍したセックスカウンセラー、奈良林祥氏は1919年生まれの産婦人科医。終戦後、東京都衛生局で正しい避妊法や家族計画の普及活動に従事した。そんな氏の名を一躍高めたのは、1971年刊『HOW TO SEX』(KKベストセラーズ)。同書は男女の全裸モデルのエロチックな写真をふんだんに使ったことが話題を呼び、大ヒットを記録した。奈良林氏を売り出したのが、当時のKKベストセラーズ編集長、印南和磨氏だった。

「『性生活の知恵』がベストセラーだったので、これを抜こうと必死でした。一糸まとわぬ若い男女のモデル写真で体位や性技を説明するアイデアは、僕がニューヨークの書店で手にしたバレエ・ダンサーの写真集の影響です」

 内容も斬新だった。文章はQ&A方式で、性にまつわる疑問や悩みに的確に答えていく。性感帯に関する質問では、乳房や性器といった「ある性感帯」だけでなく、耳たぶや首筋など、男性の愛撫によって〈忽然として、女心をとろけさせるような〉性感帯、つまり「なる性感帯」の重要性を説いた。また、オナニー有害論を一蹴し、早漏克服法も説いて実に250万部の大ベストセラーとなった。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号

関連記事

トピックス