• TOP
  • ライフ
  • フランス書院文庫最大のベストセラーは30万部超 草食系も台頭

ライフ

2015.08.18 16:00  週刊ポスト

フランス書院文庫最大のベストセラーは30万部超 草食系も台頭

 いかにも淫靡な雰囲気を漂わせる社名で日本の官能小説をリードしたフランス書院文庫は1985年4月に創刊され、今日までに2000点を超える作品を世に送り出してきた。フランス書院文庫編集長代行のT氏は語る。

「当社の創業はフランス書院文庫発刊10年前の1975年です。まず翻訳官能小説『女教師』が大ヒットし、エロティックな路線が定まりました」

 以来、世界的官能小説家、トー・クン作の『義母』や『姉』も発刊され増刷を繰り返す。

「社名をフランスとしたのはイメージ優先。オシャレでエスプリのきいた艶笑小説や、創業当時に話題になっていたフランス映画『エマニエル夫人』(1974年公開)の影響だったと思います」

 フランス書院はやがて翻訳から日本人作家の官能小説へとシフト。文庫創刊にあたって、新人作家を発掘しオリジナル書き下ろし作品で勝負することになった。

「文庫第1作は鬼頭龍一氏の『叔母・二十五歳』。これがヒットし、毎月4冊ペースの文庫刊行が軌道に乗りました」(T氏)

 フランス書院文庫最大のベストセラーは1985年8月発刊、綺羅光の『女教師・二十三歳』。何と実売部数は30万部を超えた。同作は美貌と気品を兼ね備えた23歳の女教師が、暴力団員に電車内で痴漢されたことがきっかけで拉致され、性の地獄へ堕ちていくというストーリー。T氏が近年の潮流を語る。

「かつては陵辱と誘惑が二本柱でしたが、最近はバイオレンス色の濃い作品にも新しい波が生まれています」

 台頭してきたのが、「甘えん坊陵辱系」。

「内向的で繊細な主人公が、憧れの女性への想いを持て余し、『なんで僕の気持ちを分かってくれないんだ!』と暴走し、陵辱に走るというもの。相手女性も『乱暴はするけれど、本当は寂しいのね』と妙な按配で理解してくれるシチュエーションが受けています」

 官能小説にも男子の草食化の波が押し寄せている。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号

関連記事

トピックス