国内

海外では子育ても男女平等 不妊治療は女性に任せきりにしない

不妊治療について語った宮下洋一氏と宋美玄氏

 2012年、不妊治療による出生児数は3万7953人で、国内で生まれた子供の27分の1になる(日本産科婦人科学会による)。高齢出産が増加する中で大きく変わりつつある、妊娠・出産を巡る環境について、『卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて』(小学館)の著者でフリージャーナリストの宮下洋一氏と産婦人科医の宋美玄さんが語り合った。

 スペイン在住の宮下さんは、日本人女性がバルセロナにはるばるやってきて不妊治療している実態を知り、取材を敢行。世界6か国で、不妊治療の最前線を追った。

 一方の宋さんは、いわずと知れた、産婦人科医にして論客。3才の長女に続き、現在2人目を妊娠中で6か月に入ったところだ。

宋:日本では、不妊は病気ではない、という見地から、不妊治療時に健康保険がききません。自治体の助成はありますが、所得制限があって高額です。

宮下:スペインでは、不妊治療は公的な病院だと、40才未満まで無料です(編集部注:ただし、卵子・精子提供の場合は除く)。

 フランスでは、43才未満までは国の社会保険が100%カバーしてくれています。

宋:なるほど、海外ではちゃんと国が費用を出してくれるんですね。日本は先進国なのに、自己責任だから自費で治療しなさい、というスタンスです。

宮下:海外では“卵子も老化する”ということが広く認知されています。だから、不妊治療への取り組みも早いですね。海外にいる日本人女性は「(そうした事実を)知らなかった、バルセロナの講演会で知って手遅れだと気づいた」などと言っていましたね。

 それから、日本では不妊治療に夫が同行することはあまりないと聞きますが、それは疑問ですね。なぜ日本の女性は、「一緒に行きましょう」とパートナーを誘わないのでしょうか。

宋:日本人男性の大半は変なプライドを持っていて、不妊の原因は妻側にあると思っているようです。精子がなくて子供ができないのは男としてダメ、そんなレッテルを貼られてしまうのを恐れている。

 そうしたことを妻側も察知しているから、不妊治療への同行を求めないんじゃないでしょうか。

宮下:海外は、男性と女性の関係の教育がしっかりしている。子育ても男女平等ですから、不妊治療を女性に任せきりにすることはありません。

宋:妊娠って一人でできるものではない。なのに、日本では、すべての責任が女性に押し付けられているように思います。

宮下:今回取材していて、女性がかわいそうだと思ったのは、男性はいつまでも自分の遺伝子を残せるけれど、女性は年齢がいくと自分の卵子で妊娠ができなくなるということ。その結果、男性の理解と協力が得られず、原因のわからぬまま不妊治療を続けているケースがある。そういった男性のせいで、子供が産めないどころか、夫のために離婚さえ考える人もいるんです。

 それに、海外に比べて日本では、遺伝子や血筋、血統といったものに対するこだわりがとても強いと感じました。妊娠・出産を語るとき、医学的な話よりも精神論や根性論が多かったのも特徴的です。

宋:出生前診断で赤ちゃんに病気が見つかったとき、日本のお母さんは医師に「私の何が悪かったんですか? 食べ物ですか? 無理に仕事をしたからですか?」と聞いてきます。まるで因果応報のように。そしていまだに、「こうなったのは、お前の家系だな」などと言う男性がいる。一貫して女性に責任が負わされる。妊娠・出産は女性だけでコントロールできるものではないのに――。
 
※女性セブン2015年9月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン