ライフ

ミシュラン掲載の奇跡の寿司店 職人は修行経験1年未満

開店わずか11か月でミシュランに掲載

 昨秋発売の『ミシュランガイド京都・大阪2016』を読むグルメたちの目が一瞬止まった。わずか11か月前、2014年12月に開店したばかりの江戸前の寿司店が掲載されていたからだ。JR大阪環状線福島駅から徒歩3分。狭い路地の一角にある『鮨 千陽(ちはる)』は、“奇跡の寿司店”と呼ばれるようになった──。

 同店が選ばれたのは、旨くて安いコストパフォーマンスの高い店、「ビブグルマン」部門。メニューは先付にお造り、握り9貫で3500円のコースのみと確かに財布にも優しいが、一品ずつに手が込んでいる。湯引きしたマグロは柵ごと醤油漬けし、柔らかく茹でたホタテは炙ってタレがかけられる。

 ミシュランでは、「握りは基本に忠実だ。シャリは旬のネタによって塩梅を変える」と評された。

 わずか15坪の店を切り盛りする職人は4人。いずれも現場での実践力を身につける調理師学校「飲食人大学」の「寿司マイスター専科」で3か月学んだ卒業生で、修業経験1年未満での快挙達成となった。動物園で猿回しをした後、携帯ショップで営業をしていた輸本貴文副店長は、この道に入るまで一度も包丁を握ったことがなかったという。

「飲食人大学で基礎を叩き込まれましたが、それだけでは追いつけません。学校に通いながら、アルバイトで接客を学びました」(輸本副店長)

 接客業をしていたという豊島和恵さんや、海外で学生時代を過ごし、帰国後は英語講師をしていた泉水美佳さんも、自宅で魚をさばく練習を欠かさない。

「うちは新米の店ですから、安易に高い値段設定にして儲けるのではなく、リピーターのお客様を増やしていくことを最優先に考えて店を切り盛りしています」(土田秀信店長)

 一流になるのに10年はかかるといわれている寿司の職人。そんな常識を見事に覆した若き職人たちの挑戦は続く──。

■撮影/岩本朗 ■取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2016年2月26日号

関連キーワード

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン