ライフ

ミシュラン掲載の奇跡の寿司店 職人は修行経験1年未満

開店わずか11か月でミシュランに掲載

 昨秋発売の『ミシュランガイド京都・大阪2016』を読むグルメたちの目が一瞬止まった。わずか11か月前、2014年12月に開店したばかりの江戸前の寿司店が掲載されていたからだ。JR大阪環状線福島駅から徒歩3分。狭い路地の一角にある『鮨 千陽(ちはる)』は、“奇跡の寿司店”と呼ばれるようになった──。

 同店が選ばれたのは、旨くて安いコストパフォーマンスの高い店、「ビブグルマン」部門。メニューは先付にお造り、握り9貫で3500円のコースのみと確かに財布にも優しいが、一品ずつに手が込んでいる。湯引きしたマグロは柵ごと醤油漬けし、柔らかく茹でたホタテは炙ってタレがかけられる。

 ミシュランでは、「握りは基本に忠実だ。シャリは旬のネタによって塩梅を変える」と評された。

 わずか15坪の店を切り盛りする職人は4人。いずれも現場での実践力を身につける調理師学校「飲食人大学」の「寿司マイスター専科」で3か月学んだ卒業生で、修業経験1年未満での快挙達成となった。動物園で猿回しをした後、携帯ショップで営業をしていた輸本貴文副店長は、この道に入るまで一度も包丁を握ったことがなかったという。

「飲食人大学で基礎を叩き込まれましたが、それだけでは追いつけません。学校に通いながら、アルバイトで接客を学びました」(輸本副店長)

 接客業をしていたという豊島和恵さんや、海外で学生時代を過ごし、帰国後は英語講師をしていた泉水美佳さんも、自宅で魚をさばく練習を欠かさない。

「うちは新米の店ですから、安易に高い値段設定にして儲けるのではなく、リピーターのお客様を増やしていくことを最優先に考えて店を切り盛りしています」(土田秀信店長)

 一流になるのに10年はかかるといわれている寿司の職人。そんな常識を見事に覆した若き職人たちの挑戦は続く──。

■撮影/岩本朗 ■取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2016年2月26日号

関連キーワード

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン