芸能

『あさ』最終選考残った小芝風花 「なるべき人があさに…」

『あさが来た』であさの一人娘・千代を演じる小芝風花(18才)

 週間視聴率が放送開始から20%を超えているNHK連続テレビ小説『あさがきた』。その後編の見所が、あさと一人娘の千代との母娘バトルだ。千代を演じるのは、小芝風花(18才)。

 小芝は「東洋のベニス」と呼ばれ、中世貿易港として栄えた大阪府堺市の出身だ。『あさがきた』撮影現場やその裏側についてさまざま語ってくれた。

「撮影に入ってわかったんですが、今と明治時代とでは、関西弁が違うんです。慣れ親しんでいる関西弁が使えないんです。

 例えば、私のことを“うち”って呼びますけど、そのイントネーションが今と違う。関西弁が体に入っている分、余計に難しくて苦労しています」

 2012年に女優デビュー。2014年3月には、映画『魔女の宅急便』に主演して世間の話題を集めた。この映画でブルーリボン新人賞を獲得。女優という仕事への興味が一層強くなった。

「私もあさ役のオーディションを受けて、最終選考まで残っていたんです。落ちた時は、本当に悔やしかったです。でも放送を見たら、波瑠さん(24才)が本当にあさそのものだったんです。『なるべき人がなるんだな』と納得しました。娘の千代役でお話をいただいた時は、すでに人気ドラマとして話題でした。そんなドラマに出演できるうれしさと同時に不安が募りました」

 千代は、少女時代を鈴木梨央(11才)が演じるなど、赤ちゃんから成人までさまざまな女優が演じた。小芝の出演は17週から最終週まで予定されている。

「千代は幼い頃からの成長過程が丁寧に描かれてきたので、私の演じる千代が、みなさんにも千代として認めていただけるか、とても怖かったです。でも、そんな不安を吹き飛ばすほど加野屋のみなさんがあったかかったんです。

 波瑠さんや玉木宏さん(36才)は、私が一日でも早く千代に慣れるようにと、撮影の空き時間にも『千代、千代』って話しかけてくださるんです。『何かあったら、何でも相談するんだよ』と言ってくれて。だから、私も『おとうちゃん』『おかあちゃん』と呼んでいます。ふたりとも、普段からあさと新次郎みたいなんですよ。おかあちゃんが何か変なことを言うと、おとうちゃんが突っ込んでいます(笑い)。

 先日も、おかあちゃんがずっと両手を真横に伸ばしていたので不思議に思って見ていたら、おとうちゃんが『ほら、あほやなって顔して千代が見てんで』って。今日は撮影が終わったら、おとうちゃんとおかあちゃんと、それからみんなで焼き肉に行くんですよ。おとうちゃんとおかあちゃんが音頭をとってくれたみたいです。本当に家族みたいです」

※女性セブン2016年3月3日号

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン