• TOP
  • 芸能
  • 中村七之助 舞台打ち上げで深津絵里を紳士的にエスコート

芸能

2016.03.30 16:00  女性セブン

中村七之助 舞台打ち上げで深津絵里を紳士的にエスコート

舞台の打ち上げに参加した中村七之助と深津絵里

 3月27日の夜、東京・渋谷にあるハンバーガーやステーキが名物のダイニングバーから出てきたのは、深津絵里(43才)と中村七之助(32才)だった。あまりにいい雰囲気のふたりは周囲の注目を集めたが、この夜同店で行われていたのは、ふたりがW主演した舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』の打ち上げパーティーだった。

 近松門左衛門の代表作『心中天網島』をベースにした同作。止むに止まれぬ事情から売春婦になったハル(深津)は、妻子持ちながら足繁く通ってくるジロウに心ひかれる。売春婦と客の“15分だけの恋”を超えて堕ちていくふたりだったが、周囲の反対もあり叶わぬ願いだと悟ったハルは町をさまよい、かつて遊女の涙で溢れたという蜆川(曽根崎川)のあった場所にたどり着く。そこで、ハルと同じように妻子ある男性と命懸けの恋をしている江戸時代の遊女・小春と出会い――。

「現代と近世が入り交じる不思議な設定と、ジロウと小春という時代・性別を超えた2役を七之助さんが演じることが大きな話題を呼びました。また、もともとこの作品は七之助さんの父・勘三郎さん(享年57)の“外国のかたに歌舞伎を演出してもらいたい”という構想から生まれた、ある意味で遺作。深津さんも七之助さんも、相当な熱意を持って臨んでいました」(演劇関係者)

 千秋楽も盛況に終わり、この夜は共演者やスタッフと思い思いに労をねぎらいあったという。

「お店を広々使えて、ゆったりとした雰囲気のなかで打ち上げは始まりました。最初、深津さんや七之助さんは赤ワインを飲んでいたんですが、あまりお酒が強くない深津さんは1杯ですぐ顔が赤くなっていて。そしたら七之助さんが“シャンパンをゆっくり飲むのがおいしいですよ”って深津さんにおすすめしてました」(会の参加者)

 料理はビュッフェスタイルで、大皿に大盛りのステーキやピザ、チョリソーなどガッツリボリューム。

「料理は男性には好評でしたけど…。でもそれを察してか、七之助さんは深津さんにサラダやナチョスといった軽めのものを取り分けて運んでいたんです。年下の男の子がしてくれるあの紳士的な対応や気遣いは、なかなか真似できないですよ」(前出・会の参加者)

 夜9時を回って会がお開きになると、少しお酒が回っているのか、頬を赤らめながら歩く深津。七之助は、その隣にピッタリと寄り添い、やはり紳士的に優しくエスコートする。一行は車に乗り込むと、2次会に向かうのか夜の街へと消えていった。

※女性セブン2016年4月14日号

関連記事

トピックス