国際情報

日本人 知的レベル高くとも米では英語下手だけで嘲笑

トランプ氏の主張は変わり映えしない

 米大統領選の共和党候補者指名レースでトップを走る「暴言王」ドナルド・トランプ氏(69)。その対日政策に関する発言には「日本憎し」の心情が迸っている。そして、彼の発言に民衆も熱狂する。その根源には何があるのか。在米ジャーナリストの高濱賛氏がレポートする。

 * * *
「日本は為替操作をしている。これに対抗するには、アメリカは日本製品に輸入関税をかける以外にない」

 などと口を開けば、“反日愛国”的な言説を繰り返すトランプ氏。昨夏、アイオワ州ドゥビュークで行った演説では次のように言い放ち、集まった支持者や野次馬を大いに笑わせた。

「日本人や中国人との交渉事はものすごく大変だ。でも私は彼らの英語力の無さをいつもあざ笑ってやるんだ……彼らは時候の挨拶すらせずに席に着き、『ワタシ アナタ ト ショウバイ シタイ』とブロークン・イングリッシュで切り出すんだ」

 滞米経験の長い日本人元商社マンは、日本人の英語を茶化すトランプ氏やそれに拍手喝采する米一般大衆についてこう嘆息する。

「多民族国家・アメリカでは、人種差別以上に“言語差別”が激しい。ネイティブ発音のアメリカ英語が話せない人をバカにする傾向は、役所の窓口やスーパーのレジなど日常生活のあらゆる場面で見られる。日本人や中国人は知的レベルがどんなに高くても、英語の発音が下手なだけで嘲笑の対象とされてしまうのがアメリカ社会の現実だ」

 ハワイ出身の宗教社会学者、ディクソン・ヤギ神学博士はその背景をこう分析する。

「トランプに心情的に共鳴しているのは60代後半からその上の世代の白人たちで、その彼らが目指すのは、“古き良き50年代”への回帰。それはつまり、移民法改正前、公民権法成立前のアメリカのことだ。アジア系やヒスパニック系の大量移民もなく、黒人の人権も徹底的に無視されていた白人優越社会を彼らは懐かしんでいる。

 同時に、70年前の戦争で敵国だった日本や日本人に対しては、誤解と偏見に満ちた嫌悪、恐怖感情を当時のまま持ち続けてもいる」

 トランプ氏の“反日言説”は、アメリカ社会の病巣を浮き彫りにしつつある

※SAPIO2016年5月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン