ビジネス

大手は92万円超 ボーナス増額は企業の景気不安視の表れ

ボーナス増額は企業の景気不安視の表れか

 6月7日に経団連が発表した、“2016年夏季賞与・一時金の妥結状況(第1回集計)”によれば、大手95社の夏のボーナス平均額は、92万7415円──。

「これは過去5本の指に入る高水準です」と言うのはファイナンシャルプランナーの深野康彦さんだ。

「2013年の夏ボーナスから4年連続の増加。金額的にはリーマン・ショック前の水準に戻りました」(深野さん)

 経団連のデータは、東証一部上場の、いわゆる大手企業が対象だが、中小企業も今年は上がるところが増えると深野さんは見込んでいる。

「中小企業は、人手不足が深刻。人材を確保しようと賃金アップに投資し、この春の給与水準の引き上げ率は大手企業より高かったんです。ボーナスも同様の流れがあると思います」(深野さん)

 いよいよ景気回復かと、期待は高まる。この夏、本当に日本はウハウハになれるのか? しかし、ボーナスが上がっても、景気はよくなっていない。これが、専門家たち共通の意見だ。

「大手企業の給与水準引き上げ率は昨年より悪かったにもかかわらず、ボーナスは上がりました。これは、企業が利益を社員に還元する方法として、一度上げてしまうと下げられない基本給より、いつでもカットできるボーナスを選んだということ。つまり、企業が、景気回復を確信できず、不安視している証です」(深野さん)

 世界的にも経済状況は芳しくないと話すのは第一生命経済研究所・首席エコノミストの永濱利廣さんだ。

「5月の伊勢志摩サミットでもその認識が一致し、各国ができることをしていくという結論に。日本の場合、それが消費増税の延期です」(永濱さん)

 日本は前回の増税の痛みが尾を引き、個人消費が伸びていない。今増税したら、デフレに戻る危険な状況なのだ。

※女性セブン2016年7月14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン