国内

30代以上女性の37.5%に親友なし 親友の作り方とは

 学生時代に「ずっと友達だよね」と言っていたクラスメートとちゃんと連絡をとっているだろうか。毎日のようにLINEで交流している仕事仲間やママ友は、真の友達なのだろうか──。そこで、30代以上の女性200人に「親友」と呼べる人が何人いるのか、アンケートを実施したところ、意外な結果となった。

 全国の30才から69才の女性200人を対象にインターネットでアンケートを実施(実施期間は7月5日から3日間、調査機関:カクワーズ)。「あなたは現在、『親友』と呼べる人が何人いますか?」と質問をしたところ、「0人」という回答が37.5%でトップ、続いて「2人」が21.0%、「1人」が17.5%、「3人」が15.5%、「4人」が5.5%だった。

 さらに「0人」と答えた人を対象に「あなたは、今後、『親友』と呼べる友人が欲しいと思いますか?」との質問をすると、53.4%が「欲しくない」、13.3%が「まったく欲しくない」と回答。「欲しい」は32.0%で、「非常に欲しい」は1.3%だった。「欲しくない」と答えた女性からはこんな意見が出ていた。

「友人をランク付けしたくない」(40代)
「結婚、出産して、昔の親友と呼べた友達は疎遠に。今は子供を中心としたママ友的なお友達ばかり。じっくりつきあう気にならない」(40代)

 ちなみに、親友は意識してつくることができるのだろうか? 『期待に応えない生き方』(パブラボ刊)著者で、心理カウンセラーの石原加受子さんは、親友のつくり方をこう語る。

「相手に合わせて満足してもらおうとする人に親友はつくれません。自分を出さないと、深い人間関係を築けないからです。

 自分を出さない人は相手によって、距離感を変えます。例えば、Aさんはすごく気が合うから、心を70%開いた距離感で、Bさんは苦手だから10%くらいの距離感で行こう――そう考えてしまいます。

 相手に合わせていると、相手は自分と気が合うと思って、ぐいぐい距離感を縮めてきます。それがやがてつらくなります。だから、親友ができにくい。自分の欠点や弱いところを言って、それを受け入れてくれる友達が親友だと思います。この人だなと思ったら、勇気を出して“裸”になる。それで、その人に引かれてしまったら、『それまでの関係だった』と割り切っていいと思います」

※女性セブン2016年8月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン