ライフ

女性のムダ毛問題 欧州ではワキ毛があっても気にせず

 確かに、イタリアの大女優ソフィア・ローレン(81才)もわき毛を生やした写真があり、イタリア系のマドンナ(57才)やアイルランドとデンマーク系にネイティブ・アメリカンの血も引くジュリア・ロバーツ(48才)、イギリスとドイツの血を引くドリュー・バリモア(41才)など、“わき毛フサフサ”がパパラッチされたセレブはヨーロッパ系が多い。となると彼女たちはアンダーヘアも“フサフサ”なのか。

「逆にアンダーヘアの処理は当然のようにしています。というのも欧米はシャワー文化で湯船に浸かることもほとんどないですから。しかも、日本ほど温水洗浄便座も普及していませんから、やはり衛生面やにおいが気になるんじゃないんでしょうか。

 それもふまえると、今回の『剃らない自由』論争は、こういった最近の清潔志向に窮屈さを感じている人たちが、人間本来の自然の状態に戻ろうとする風潮が底流にあるのだと思います。そして、若い女性たちが賛同していることからもわかるように、これだけ脱毛する人が多いなか、逆に手を加えていない状態が他人とは違ってカッコイイという“ファッション”的要素もあると思います」(佐藤さん)

 昨年のフランス・カンヌ映画祭では、ヒールの低い靴でプレミア上映会に参加しようとした50代女性が入場拒否をされたことから「ハイヒールは女の義務なのか」との論争が世界中で巻き起こった。「剃らない自由」──芸術や文化、ファッションなど女の生き方に疑問を投げかけてきたフランス。この件もまた日本人にとってエポックメーキングな出来事となった。

※女性セブン2016年8月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト