スポーツ

王者・内村航平を悩ませる、母の露骨な「嫁外し」

リオで活躍した内村航平(所属する「コナミスポーツ」HPより)

「いちばんいい色のメダルがとれた。いちばん幸せ者だと思う」。8月11日、五輪史上44年ぶりに体操個人総合で2連覇を果たした内村航平(27才)は雄叫びを上げ何度も拳を突き上げた。その瞬間、東京で見守っていた妻・千穂さん(27才)は娘を膝に抱きながら、「うれしくて、感動して、いちばんはほっとしています」と言葉を絞り出した。目には今にもこぼれ落ちそうな涙──。

 一方、現地リオの応援席では母・周子さんがスタンド席で横断幕を掲げ、声をからしていた。

「奇跡を見せてくれてありがとう!」
「航ちゃん、おめでとう!」

 飾られた横断幕には、「見守ってるよ 家族より」の文字と、周子さんや、父・和久さん、2才年下の妹・春日さん、愛犬の写真が並んでいた。しかしそこに、千穂さんと2人の娘の姿はなかった──。

 世界選手権6連覇、五輪2連覇と他の追随を許さない“絶対的エース”の内村。一転プライベートを見ると、夫として息子として“嫁姑問題”の渦中にいる。

 内村が結婚したのはロンドン五輪後の2012年11月。翌12月に千穂さんの妊娠を発表し、“授かり婚”であることが判明。嫁姑関係はこの時すでに不協和音が生じていた。

「内村は所属するコナミの関係者どころか、母校・日体大(日本体育大学)、日本体操協会にも事前に報告することなく極秘入籍しました。報道を見て驚いた人は多かった。しかも、内村にはそれまで長くつきあっていた彼女がいたのですが、その子と別れてすぐの結婚だったため関係者の間では二重の驚きでした。周子さんは“つきあい始めてすぐにデキちゃった結婚なんて情けない”って怒り心頭でね…。当然、彼女への心証もよくありませんでした」(スポーツ紙記者)

 千穂さんは日体大体操競技部の後輩にあたり、全国大会3位の実績もある。それでも周子さんのお眼鏡にはかなわなかった。当時、結婚についてコメントを求められた周子さんは、「結婚で変わったことはありません」と素っ気ない対応に終始。結婚直後のブログでも意味深にこう綴っていた。《この笑顔だけは絶やさず我慢していきますわ》。

 2013年9月に三重県で行われた全日本社会人体操競技選手権では、嫁姑の“微妙な距離感”が目撃された。

「千穂さんは当時生まれたばかりの長女と一緒に観戦していて、周子さんは少し離れた席に座っていました。でも会話はほとんど交わさず、帰る時もバラバラ。というのも、その時の千穂さんの格好が、露出度が高くピンヒールを履いていたことで、“場をわきまえていない”と周子さんはイライラしていたみたいです。この大会以外でも千穂さんと周子さんが一緒に応援しているのは見たことがないですね」(体操関係者)

 五輪出場を目標に15才で単身上京して以来、練習や合宿、遠征などで実家に帰る時間はほとんどなくなった内村だが、結婚はそんな生活にさらに拍車をかけた。実家のある長崎県諫早市の近隣住民たちは、「お嫁さんと子供さんの姿は一度も見たことがない」と口を揃える。

「東京に出て行って以来、航平くんの姿を見かける回数も少なくなりましたね。といってもお正月はよく帰ってきてましたよ。でも、結婚してからはお正月に一度も見ていないな。結婚翌年だったか、航平くんがひとりで帰ってきたけどその時もすぐに戻っちゃったみたいだし。おばあちゃんもお孫さんには数回しか会ったことがないそうです。お嫁さんがあんまり来たがらないんですかね」(近所に住む女性)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン