芸能

坂口杏里 1.2億円デビューでなぜ取り分は2000万円?

坂口杏里Twitterより

 女性の出演強要問題など“逆風”が続くアダルトビデオ(AV)業界で、久々のビッグニュースとなったタレント・坂口杏里のAV転身。「誰?」と思う人もいるかもしれないが、女優の坂口良子(故人)の娘だといえば驚く人は多いはず。しかも出演料が「1億円超」と聞けばさらに仰天だ。あるAVメーカー幹部が語る。

「坂口の出演料は1億2000万円と伝えられていますが、彼女の取り分は2000万円程度。この業界で“出演料”とはメーカーから女優の事務所に支払われる総額。一般的に事務所が6、女優が4の割合で分け合うようです」

 だとすると坂口が受け取るのは約5000万円のはずだが、丸々が女優のものというわけではないようだ。

「女優の取り分には事務所やメーカーなどに仲介したスカウト関係者らのギャラも含まれる。特に話題作の場合は業界で“大物”と呼ばれる仲介者が関わることも多く、女優のギャラの8割が報酬となることもザラ。坂口に入る金額が2000万円なら、良心的な契約でしょう」(同前)

 果たしてこれで採算が取れるものなのか。億単位の出演料は、「かなりの冒険」と前出のメーカー幹部が言う。

「メーカーの収益は売り上げの約40%が相場。坂口のデビュー作は約3000円なので、10万枚以上売れないとペイできない。他に撮影費や監督、男優、スタッフのギャラなどもあるので、この作品だけで大儲けは厳しいのではないか」

 しかしそんな状況でも、年間3万5000タイトル以上の「新作」がリリースされ、坂口のような話題作ともなれば大金が動く。多くの有名女優を抱えるAVプロダクション経営者が明かす。

「坂口のような作品はレアケース。10年ほど前は制作費だけで1000万円かける作品もあったが、今では200万円でも高いほうです」

※週刊ポスト2016年9月30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン