ビジネス

ヤフーも検討する週休3日制 かえって過重労働招くケースも

土日休みが当たり前ではなくなった(イラスト:アフロ)

 常態化する長時間労働を是正すべく、働く時間を自分で柔軟に決めることができる“フレックスタイム制”を導入する企業は増えているが、中には週5日のフルタイムを崩して「週休3日制」にしようとする動きも出始めた。

 IT企業のヤフーも全従業員を対象に週休3日制の導入を検討しているとして、話題を呼んだばかり。本来ある週2日の休みを土日に限定しない方式で、給与体系や細かい導入スケジュールは今後詰めていくという。

 これまでも週休3日の選択勤務を採用する企業はあった。

 スポーツ用品販売の「アルペン」は1989年より〈増えた休日を勉強や趣味、スポーツに充てて仕事に活かしてもらいたい〉との趣旨から店舗勤務の社員に導入。「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングも、地域正社員を対象に休みの多さを前面に掲げた結果、人手不足の解消にもつながっている。

 だが、週休3日を導入している企業のほとんどは、ユニクロのように店が忙しい曜日の出勤を条件にしたり、1日休みが増える分、週4日の労働時間を8時間勤務から10時間勤務に増やしたりと、一人あたりの仕事の効率や生産性が本当に維持できているか疑問を呈する声があったのも事実だ。

 社会保険労務士の稲毛由佳さんに、週休3日制導入の功罪について聞いた。

「いまの時代、平日に公休日を設定することは何らおかしくありませんし、1日1~2時間程度の労働時間アップならば、仕事を続けられる許容範囲だと思います。IT企業のように業務を集中してこなしたほうが効率の上がる職種もありますしね。

 むしろ休日を1日増やすことで、自由な時間が増えて子育てや介護などとの両立もしやすくなり、ワーク・ライフ・バランスの向上に役立てることもできます」

 しかし、安易な週休3日制の導入は、かえって過重労働を招きかねない。稲毛さんが指摘する。

「休日を社員が代わり番こに取る“シフト制”の意識で週休3日制を導入すると、人が足りない曜日や突発的な事態が起きたときに、逆に休日を取り損なう確率が高まります。『特別な用事もないので、私が休みをズラして出ます』と、その時々の状況に応じてタガが緩んでしまうからです。

 その結果、振替休日(代休)が溜まり、年次有給休暇がますます消化できないなど、休み自体が形骸化しかねません。週休3日にしたはずが、週1日しか休みが取れない逆転現象が起きたり、残業時間がよけいに増えたりしてしまっては意味がありません」(稲毛さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
脱北を企てる人々が多くなっていることが金政権の頭痛の種に
北朝鮮で脱北者家族への締め付け強化 辺境部に強制移住も
NEWSポストセブン