芸能

「潔癖王子」石黒英雄が伝授するマル秘お掃除テク

「潔癖王子」で話題の石黒英雄

『ウルトラマンオーブ』(テレビ東京系、毎週土曜9時~)で、主人公のクレナイ ガイを演じる石黒英雄(27才)。子供からの人気は絶大で、先日行われた『ウルトラマンフェスティバル』では、言葉にならない感動をもらったという。

「台風の日だったんで、誰も来ないだろうと思っていたらすごい人が来てくれて。びしょびしょになってでも来てくれた姿を見て、ぼくもまだまだ頑張らないとって思いました」(石黒・以下「」内同)

 こう話す石黒は“潔癖王子”=汚部屋を独自のテクニックできれいにする男として、バラエティー番組『有吉ゼミ』でも活躍中だ。

「幼い頃、男3人兄弟みんな同じ部屋だったんです。なので、ひとりの時間がなくて、大人になったらひとり暮らしをしたいって思ってたんです。それで、ひとり暮らしを始めた2軒目の時に、いい家具をそろえて、その家具を大事にしたかったので、そこからそうじに目覚めました」

 そんな彼のおそうじテクを“石黒ジャパン”と絶大なる信頼をおく、そうじ用品とともに紹介しよう。

◆“ながらそうじ”がいちばん大事!

「部屋全体が汚くなると疲れやすくなってしまうので、常に部屋をきれいにキープするってことが大事です。なので“ながらそうじ”をすることによってキープし続けられるし、そうじに対してもそこまで億劫にならないですよ。部屋がきれいだと、毎日が充実した感じになりますからね」

◆道具をフル活用すれば時短になります

「長い時間続けると疲れるので、時短が重要だと思うから、ぼくは道具をフル活用します。お風呂場の汚れには『ウルトラハードクリーナー』、トイレの黄ばみやサビ、カビなどには『HALT』、排水管のつまりには『ピーピースルー』。これがぼくが今思うベスト用品。これさえあれば時間も短縮できてそうじもはかどります」

◆『カビ取り職人』を使えばレースのカーテンが真っ白に!

「まず手袋をつけて、水に浸してあるレースのカーテンにカビ取りスプレーの『カビ取り職人』を噴きかけて泡立ててください。その後、10分放置したら水でしっかり洗い流し、洗濯機で1回洗えば洗いにくいカーテンも真っ白です」

◆そうじは仕上げが重要です

「特に水回りに水滴が残らないように気をつけています。菌もわきやすいですし、見た目もどんどん悪くなりますからね。なので、水回りの仕上げは『マイクロファイバータオル』でふき取ります。また、そうじ後はアロマに水を足してスプレーで噴きかけて、自分の好きなニオイにするとリラックス効果も!」

撮影■中山雅文

※女性セブン2016年10月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン