芸能

小松菜奈 『溺れるナイフ』で共演の菅田将暉に「助けられた」

夏目を演じた小松菜奈。(『Maybe!』より)

 2016年11月5日から公開されている大ヒット映画『溺れるナイフ』で主人公、夏芽(なつめ)役を演じる小松菜奈(20才)。夏芽は、東京の人気モデルでありながら、遠く離れた田舎町に引っ越すことになり、そこで出会ったコウ(菅田将暉)と恋に落ちる女の子。小松は、自分自身と役柄を重ね合わせたありのままの自分の恋愛感を、ファッション・カルチャーマガジン『Maybe!』vol.2(小学館)で語っている。

 過去に2人が共演した映画『ディストラクション・ベイビーズ』の裏話なども含んだ、小松菜奈のインタビューの一部を紹介する。

――菅田さんとは『ディストラクション・ベイビーズ』に続いて、2度目の共演ですね。

小松:菅田さんは、現場でも普段でも俳優として目が離せなくて。出ている作品は映画もドラマも気になって見ちゃうんです。現場でも、必死で追いかけてしまって。監督の要望で急にセリフが変わったシーンがあったんですけど、私はすぐセリフが入るタイプじゃないので、すごくテンパってしまったんです。それで菅田さんが「練習する?」って言ってくれたんですけど、夏芽とコウちゃんは距離がある役なのに、練習した感じが画面に現れてしまうんじゃないかと思って。「大丈夫、大丈夫」って言ったこともありました。でも菅田さんがリードしてくれたから、助けられたことは多いです。

――ベタな質問ですけど、本当に好きになったりしないんですか?

小松:それはまた違うんですよね。前作で激しいシーンを演じているから、何をしても受け止めてくれるし、私も菅田さんを受け止められる自信がありました。

――山戸結希監督の映画は初めてのご出演ですが、現場はいかがでしたか?

小松:山戸監督は、誰よりも夏芽でした。夏芽自身と言ってもいいぐらい。撮影中、“コウちゃん”をずっと目で追っているんです。もしかしたら、コウちゃんに恋をしていたんじゃないかな。だからその分、菅田さんへの要求も多かったですね。「私のコウちゃんには、こうあって欲しい」という思いを強く感じたし、髪型ひとつにも意味を持たせていて、表現が独特でした。

――監督が夏芽自身だとしたら、小松さんへの要求も多そうですね。

小松:毎日泣いて、悔しい思いをしてホテルに帰ってきてました。3週間の短い撮影スケジュールというのもあって、本当に辛くて、精神的にもかなりハードでしたね…。いつも泣いているから、目が腫れてるし、私、疲れると目がしじみみたいになっちゃうんですよ(笑)。だから、氷嚢(ひょうのう)を目に乗せながら休憩してて。こんなに現場で泣いたのは初めてですね。言葉にできないほどの過酷さを味わいました。

◇小松菜奈(こまつ・なな) 1996年2月16日生まれ。東京出身。2016年は『黒崎くんの言いなりになんてならない』、『ディストラクション・ベイビーズ』、『ヒーローマニア-生活-』に出演。今後『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などの公開が控えている。

『Maybe!』では、長谷川航一朗(コウ)役の菅田将暉のインタビューや、監督の山戸結希と原作漫画家のジョージ朝倉によるスペシャル対談も同時掲載されている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン