ビジネス

スーパーがメーカーから仕入れる既製品を激安で売るカラクリ

スーパーには複雑な値段のからくりが存在する

 我々の食生活を支えるスーパーの食料品。消費者としては安く買えるに越したことはないが、なかには「どうしてこんなに安くなるんだろう」と首を傾げてしまう商品も少なくない。

 さすがにメーカーから仕入れる既製品は、仕入れ原価で値段が全て決まってしまうように思いがちだが、実際はもっと複雑なカラクリがある。ショッピングアドバイザーの今野保氏が解説する。

「『砂糖』『牛乳』『卵』の3つの生活必需品は、その色から『三白』とも呼ばれ、特売の目玉にすることが多く、原価ギリギリか赤字覚悟で販売している。つまりこれらは“客寄せ”なんです」

“1000円以上お買い上げのお客様のみ卵99円”といった「セット売り」は、特売戦略の基本である。これにこそスーパーの“値付け技術”が詰まっているという。

「たとえば通常200円以上するカレールウを100円で特売する場合“カレーの具”になる玉ねぎやじゃがいも、ニンジンなどを高めの価格に設定する。こうしてスーパーはトータルで利益を生み出す」(同前)

「三白」と同様に、特売品になることが多いのが「豆腐」だ。特売のときなど、いつも買っている豆腐の横に“1丁20円”といった激安の豆腐があれば手に取りたくなるだろう。もちろん赤字覚悟で売り出すお買い得な品物もあるが、あまりに安すぎる商品には注意が必要だ。食生活ジャーナリストの山本謙治氏が警鐘を鳴らす。

「豆腐のなかには、にがりではなく、化学的に精製された『凝固剤』を添加することで、使う大豆の量を半分以下に減らしているものもある。当然、味わいも変わってきます」

 このように“ドーピング”で低コスト化を図っている商品は少なくない。食品表示アドバイザーの垣田達哉氏がいう。

「安価なハム、ソーセージには『インジェクション』(注射)という製造プロセスがある。少量の豚肉でもしっとりとした柔らかさを出すため、粘り気を出す『増粘多糖類』や、増量材ともなる『各種たんぱく質』、結着剤である『リン酸塩』を注入するのです。これによって、ジューシーで、使用する肉の割に多いハムやソーセージが作れる」

 牛肉や豚肉のミンチを立方体状に成型した「サイコロステーキ」や、鶏肉を使用した「チキンナゲット」にも、たんぱく質やリン酸塩が多用されるものは多い。購入時には、商品の成分表示を念入りにチェックしておきたい。

※週刊ポスト2017年2月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン