• TOP
  • 国内
  • ガス自由化の基礎知識、工事は必要? 供給切れることない?

国内

2017.03.22 16:00  女性セブン

ガス自由化の基礎知識、工事は必要? 供給切れることない?

ガス自由化の基本を解説

 昨年の電力自由化に続き、この4月から自由化されるのは都市ガスだ。乗り換えすることによって節約に繋がることも期待されている。もともと都市ガスはLPガスより料金が安いが、地下に埋められた導管が行き届く地域にしか供給できないのが特徴だ。

「面倒だから」と切り替えを検討しないのはもったいない! 私たちがやることは、小売り事業者を選んで、電話やネットで依頼するだけ。

 まず、ガス自由化で暮らしはどうなるのだろうか? これまでは都市ガス会社が、ガスの導管の運営・管理から販売までを独占してきた。しかし自由化後は、導管の管理・運営は引き続き都市ガス会社が行うものの、家庭へのガス販売は、新たな会社も加われるようになる。

 電力比較会社・エネチェンジの木村愼作さんはこう解説する。

「ガスの販売会社が増えることで価格競争が生まれます。その価格やサービスなどを比較しながら、いちばんお得な会社を選択できるようになるのが、私たちにとって最大のメリットになります」

 続いて、切り替えには工事は必要なのだろうか? 電力自由化の時は、電気メーターを「スマートメーター」に変える作業があったが、ガス自由化では、そういった工事は一切ない。

「電気もガスもこれまで、機械式メーターによって各家庭で使用された電力やガスの量を記録し、電力会社や都市ガス会社の検針員が確認していました。ところが電力自由化では、ネットワークによって離れた場所から電気使用量の確認などができる“スマートメーター”が採用され、つけかえ工事が行われることに。

 しかしガスの場合、そういった交換や工事は一切なく、これまで通り、都市ガス会社の検針員が検針を行います」(木村さん)

 ガスの供給が突然切れたりしないのだろうか? そもそも、ガス自由化は、国が推進する“エネルギーシステム改革”の1つ。その目的は、「天然ガスを安定的に供給する体制を整える」ことなので、供給が切れることはない。ただし注意点も。

関連記事

トピックス