• TOP
  • 国内
  • 900kgの古紙から「においつき段ボール」を探知する名犬

国内

2017.04.05 16:00  女性セブン

900kgの古紙から「においつき段ボール」を探知する名犬

ニオイのついた段ボールを探し当てる名犬・シルク号

 広大な敷地に積み上げられた段ボール古紙梱包。1頭のシェパードがひとつずつ嗅ぎながら歩いている。

「ここには5000個以上のコンテナが常に置いてあるんですけど、この中から段ボール原紙の原料に適さないものを探し出すのが、私の仕事なんです」

 レンゴー八潮工場は日本最大の板紙製造工場。原料のほとんどは首都圏から運ばれてくる段ボール古紙だ。

「私が探すのは、洗剤や柔軟剤などのにおいがついた段ボール。製品は食品などを入れる箱になることもあるから、においがつくと困っちゃうんですよ」

 異物は製造過程で排除できるが、においとなると難しい。そこで工場長が「犬にお願いしたらどうだろうか?」と、2014年6月にシルク号がやってきた。以来、洗剤臭などは排除できるようになったのだが、

「今度は新しい問題が出て来たんです。海外から輸入される果物などが入った段ボールの中に、ロウを染みこませたものが増えてきて…」

 そこで昨年、彼女はロウのにおいも見つけられるよう約半年間のトレーニングを積んだ。

「ロウのにおいって、人間が嗅いでも全然わからないんですって。でも私なら、1個900kgの古紙梱包の中から探し当てられるんです!」

 八潮工場になくてはならない存在、それがシルク号だ。

【プロフィール】
名前:シルク号 ♀
年齢:4歳
種類:犬(ジャーマンシェパード)
勤務先:レンゴー株式会社 八潮工場
職種:禁忌品の検品、除去作業
主な仕事内容:段ボール原紙の原料となる古紙に混入している、におい移りしたものやワックスコーティングされたものを探す。
お給料:衣(レインコートや夏服、靴など)食(プレミアムドッグフード・シェパード用)住 (冷暖房完備の寝室と休憩室)。
好きなこと:ボール遊び。
嫌いなこと:お風呂…。シャワーも嫌い。
現在の悩み:ハンドラーとマンツーマンで仕事をしているから、他の人と会う機会が少ないこと。
将来の夢:後輩犬の育成。

※女性セブン2017年4月13日号

トピックス