• TOP
  • グラビア
  • 104cm・Jカップの桐山瑠衣 うっかり肘で胸を踏むことも

グラビア

2017.04.12 16:00  週刊ポスト

104cm・Jカップの桐山瑠衣 うっかり肘で胸を踏むことも

104cm・Jカップ、桐山瑠衣の苦労とは?

 男性目線でいえば、女性の胸は大きければよいと思われるかもしれないが、当の女性の立場からすると、そうとは限らない。バスト104センチJカップの桐山瑠衣(26)は、大きすぎるゆえに痛い思いをすることが多いと語る。

 * * *
 先日、中学校の同窓会があったのですが、男子みんなから「プールの授業中はお前のせいで困ったよ」と責められましたが、何のことだかよくわかりませんでした(笑い)。

 大きい胸は触ってもいい、と思っている女性が多いみたいで、初対面の女性にいきなり胸を触られるとビックリしてしまいます。怒るのも変なので、我慢してニコニコしていますけど、触るなら仲良くなってからにしてほしいですね。

 家で横になっていると、うっかり肘で胸を踏んづけてしまったり、裸でうろうろしていると、扉や引き出しに胸をぶつけたりして、とても痛い思いをしてしまいます。

 撮影中にビキニやブラジャーの紐をちぎってしまうというのは日常茶飯事ですね。海辺で撮影していたときに、酔っぱらったおじさんが乱入してきて、「ねーちゃん、おっぱい大きいな! 何カップあるの?」としつこく絡んできたときには困りましたが、困惑したセクシーな表情が撮れたので、結果オーライでした。

 昔、好きだった人に「巨乳って気持ち悪い」といわれて傷ついたこともありましたが、胸でみなさんに覚えてもらえるので、大事なチャームポイントだと思っています。

●きりやま・るい/1991年1月15日生まれ。東京都出身。身長157センチ。B104・W61・H94。2008年にグラビアアイドルとしてデビューし、ドラマやバラエティー番組で活躍。通算26枚目となるDVD『るいたわわ』がラインコミュニケーションズより発売中

※週刊ポスト2017年4月21日号

関連記事

トピックス