• TOP
  • スポーツ
  • 関根潤三氏 「親父のズボラ」で戦争に行かずに済んだ背景

スポーツ

2017.04.28 07:00  週刊ポスト

関根潤三氏 「親父のズボラ」で戦争に行かずに済んだ背景

野球解説者としては“最長老”世代の関根潤三氏(写真:共同通信社)

 飄々とした語り口が人気で、野球解説者として“最長老”の世代に入る関根潤三氏。誕生日を聞くと「わかんないんだよ」と笑いながら、以下のように語ってくれた。

 * * *
 僕は大正15年(1926年)12月25日生まれ。ところが戸籍上は昭和2年(1927年)の3月15日。変でしょ?

 これにはちゃんとした理由があって──まあ、簡単にいうと、親父が役所に届けるのを忘れてたの(笑い)。

 大正15年12月25日は大正天皇が崩御された日で、翌日から元号が「昭和」になったんだけど、役所は喪に服して業務をやっていなかった。おまけに親父がズボラだったから、そのまましばらく出生届を出し忘れていた。

 ようやく出したのが翌年3月15日。さらにマヌケなことに、届けを出したその日を誕生日にしちゃった。

 大正から昭和になり、しかも昭和元年が1週間しかなかったから、僕は本当は大正15年生まれなのに、「昭和2年生まれ」というわけ。

 だけど、おかげで僕は戦争に行かずに済んだ。大正15年生まれの男性には召集令状が来たけど、同じ学年でも僕は徴兵されなかった。出征した同級生は大勢戦死したり、なかなか復員できなかったりしたから、僕も戦地に行っていたら野球ができたかどうか。

関連記事

トピックス