ビジネス

聖教新聞、「口コミで広がる」と広告出したがる企業多い

広告の多さが目を引く(聖教新聞のHPより)

 全国紙を上回る部数550万部(1989年時点、以降非公表)をもつ創価学会の機関紙・聖教新聞。目を引くのが広告の多さだ。1面下は一般紙と同様に書籍広告が並ぶ。『新・人間革命 第28巻』の広告も掲載されているが、学会とは関係がない新刊も載っている。商品広告では緑茶や梅干しの通販、酵素や毛生え薬、尿もれを防ぐ下着、膝を温めるサポーターなどなど。化粧品のカラー広告、がん保険は全面広告、東証1部上場の総合設備会社もある。

 聖教新聞は広告掲載基準などは明らかにしていないが、大手広告会社の社員はこう言う。

「学会員は結束が固く、口コミで商品名が信者間で浸透する。だから、信仰とは関係なく広告を出したがる会社は結構多いんです」

 それにしても、なぜこれほど全国紙の多くを凌駕する部数を保っているのか。最も大きな理由は、取材に答えた学会員の言葉に凝縮されている。

「聖教新聞は、名誉会長(池田大作氏)からのお手紙です。それを毎日読めることが喜びなんです」

 もともと聖教新聞は、第2代会長・戸田城聖氏の「学会は早い時期に新聞を持たなければいけない」という考えを受けて、池田氏が中心になって立ち上げたものだった。

 池田氏は、2010年5月以降、表舞台に姿を見せなくなり、今回取材に応じた複数の信者は「寂しい」と口を揃える。紙面には30年以上前に撮影された若き日の池田氏の写真がたびたび掲載される。池田氏と信者とをつなぐ貴重な媒体として、聖教新聞の存在意義はより強まっているのかもしれない。

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン