創価学会一覧

【創価学会】に関するニュースを集めたページです。

公明党との関係はどう変わる?(左から創価学会・原田稔会長、公明党・山口那津男代表/時事通信フォト)
【カリスマ・池田大作氏を失った創価学会】公明党にとって次回総選挙は“弔い合戦”、票を伸ばす可能性も 結果次第で自公連立解消あるか
 池田大作・名誉会長亡きあとの創価学会はどこへ向かうのか。宗教学者の島田裕巳氏と『宗教問題』編集長の小川寛大氏は、カリスマ不在の中、自公連立の解消など政界再編の動乱につながる可能性を指摘する。【前後…
2024.01.11 06:59
週刊ポスト
池田大作氏の遺産に注目が集まる(時事通信フォト)
【2024年の創価学会】どうなる“ポスト池田大作” キーパーソンは家族葬に参列した「女性部長」か
 昨年11月、創価学会の池田大作・名誉会長が世を去った。巨大宗教組織を育て上げた池田氏が不在となった創価学会はどこへ向かうのか。注目される、「後継者」の存在は──。宗教学者の島田裕巳氏と『宗教問題』編集…
2024.01.11 06:58
週刊ポスト
「創価学会葬」に参加するため東京都豊島区の戸田記念講堂を訪れる人々
池田大作氏亡き後の創価学会はどうなるのか 「池田氏の家族が組織を動かすことはない」の証言も
 創価学会名誉会長だった池田大作氏(享年95)が遺したもの──。公称827万世帯組織を作り上げ、絶大なインパクトを残したことは間違いないが、残されたのは池田氏の「遺産」の行方と空席になった「ポジション」がど…
2023.12.27 06:59
週刊ポスト
池田大作氏の遺産に注目が集まる(時事通信フォト)
創価学会・池田大作氏の遺産はどうなるのか “時価4.6億円”の「小さな狭い家」とは別の“本当の家”問題も
池田大作氏の遺産に注目が集まる(時事通信フォト) …
2023.12.27 06:58
週刊ポスト
【動画】池田大作・創価学会名誉会長はいつまで“健在”だったのか
【動画】池田大作・創価学会名誉会長はいつまで“健在”だったのか
 創価学会の池田大作・名誉会長が11月15日に死去していたことを創価学会が同18日に公表しました。 2010年11月にアメリカの大学での名誉博士号の授与式に出席したのを最後に、表に出なくなった池田氏。いつまで健…
2023.12.03 16:00
NEWSポストセブン
池田大作氏の遺産に注目が集まる(時事通信フォト)
【13年間の不在】池田大作・創価学会名誉会長はいつまで“健在”だったのか 2年前に目撃した教団施設に入った巨大バス
池田大作・名誉会長は一体いつまで“健在”だった?(時事通信フォト) …
2023.11.28 07:00
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 池田大作名誉会長「岸田おろし」と自家用バスほか
「週刊ポスト」本日発売! 池田大作名誉会長「岸田おろし」と自家用バスほか
 11月27日発売の「週刊ポスト」は、半世紀にわたり日本政治を動かしてきた池田大作・創価学会名誉会長の死去により揺れ始めた永田町の風雲急、さらに大物世襲代議士の夜の警察沙汰をスクープする。アレのアレ、阪…
2023.11.27 07:00
NEWSポストセブン
公明党はどう動くか(山口那津男・代表/時事通信フォト)
【支持率低下で解散断念】岸田首相に迫る“2つの影” 早く選挙をやってほしい公明党・創価学会、岸田おろしに動く菅元首相・二階元幹事長
 公称会員世帯数827万を誇る創価学会の拡大をリードした池田大作・名誉会長の死は、自民党が選挙で頼る「学会票」に多大な影響を与える。「池田氏の弔い合戦」となる次期総選挙を前に、事態は焦眉の急を告げている…
2023.11.27 06:59
週刊ポスト
池田大作氏の訃報に政界で最も敏感に反応したのは岸田文雄・首相だった(写真/共同通信社)
岸田首相が創価学会・池田大作名誉会長死去で「異例の弔問」 政権に不満を抱える学会員に“媚び”を売る下心か
 公称会員世帯数827万を誇る創価学会の拡大をリードした池田大作・名誉会長の死は、自民党が選挙で頼る「学会票」に多大な影響を与える。「池田氏の弔い合戦」となる次期総選挙を前に、事態は焦眉の急を告げている…
2023.11.27 06:58
週刊ポスト
胡錦濤国家主席と会談する池田名誉会長(時事通信フォト)
《常勝関西の行方》創価学会・池田大作名誉会長の逝去で公明党「弔い合戦」の集票力はどこまで? 高齢のアクティブ層に注目
 創価学会の池田大作名誉会長(享年95)が11月15日夜に亡くなったことは、永田町にも波紋を広げている。 近年、池田氏は第一線を退き、表舞台から姿を消していた。現在は、2006年11月に就任した第6代会長・原田稔…
2023.11.22 18:30
NEWSポストセブン
1985年、八王子市の創価大学で取材をうける池田名誉会長(時事通信フォト)
《創価学会・池田大作名誉会長》訃報が伝えられるまでの「空白の3日間」 長年ささやかれてきた“死亡説”の真相は
 創価学会が11月18日、池田大作名誉会長が11月15日夜に新宿区の居宅で老衰のため亡くなったことを発表した。享年95。近親者のみで家族葬が執り行われ、お別れの会を別途開催するという。 池田氏は1928年1月2日生…
2023.11.18 19:00
NEWSポストセブン
創価学会婦人部のいまは?(時事通信フォト)
【公明党最強の集票組織】創価学会婦人部は弱体化したのか? “大物婦人部長”に直撃
 公明党の得票力の源となってきたのが創価学会婦人部(現・女性部)だ。自民党が依存し、時に振り回されてきた最強の集票組織である。自公の協力関係が揺らぐなか、「最強組織」の内実にノンフィクション作家の広…
2023.11.03 06:59
週刊ポスト
【公明党最強の集票組織】創価学会婦人部の正体 組織の上下関係にとらわれず、男性社会に対する迫力になった
【公明党最強の集票組織】創価学会婦人部の正体 組織の上下関係にとらわれず、男性社会に対する迫力になった
 公明党の得票力の源となってきたのが創価学会婦人部(現・女性部)だ。自民党が依存し、時に振り回されてきた最強の集票組織である。自公の協力関係が揺らぐなか、「最強組織」の内実にノンフィクション作家の広…
2023.11.03 06:58
週刊ポスト
創価学会芸術部の活動とは?(左から山本リンダ、久本雅美、岸本加世子/時事通信フォト)
「久本雅美は5人いる」と言われるほどの機動力 創価学会芸術部の公明党“応援演説”最新事情
 公明党の選挙活動において重要な役割を果たしてきたのが、公明党候補を応援し、その呼びかけによって創価学会員の結束を強める芸能人たちだ。『宗教問題』編集長の小川寛大氏が解説する。 * * * 創価学会…
2023.11.02 07:00
週刊ポスト
週刊ポスト 2023年11月10日号目次
週刊ポスト 2023年11月10日号目次
週刊ポスト 2023年11月10日号目次増税メガネ・岸田首相よ、「還元」と言うなら1人「24万円」減税せよ!特集◆自民党と創価学会 禁断の関係◆元首相補佐官が明かす自民最高幹部の証言「公明党はいずれ衆院から撤退す…
2023.10.30 07:00
週刊ポスト

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン