国内

終末期を家で過ごせなくなったのは日本最大のマイナス点

在宅医療の医師・小笠原文雄さんと室井滋さんが初対談

「最期まで自宅で暮らしたい」と望みながらも、多くの人が病院で最期を迎えているのはなぜか。自宅で最期まで過ごすのは無理だと思っている、あるいは病院の方が長生きできると思っている人も多いだろう。しかし実際には、お金がなくても、ひとり暮らしでも、誰でも最期まで家で朗らかに生きることができ、自宅に帰ったことで余命が延びた人までいる──このたび、そんな奇跡と笑顔のエピソードが詰まった『なんとめでたいご臨終』を著した在宅医療の医師・小笠原文雄さんと、女優・室井滋さんが初対談した。

室井:『なんとめでたいご臨終』を読んで、もう何回も何回も泣きました。いろいろなかたのエピソードが出てきますが、誰一人として同じ人はいなくて、事情もさまざま。ひとり暮らしのかたもいれば、ご家族がいるかたもいます。でも共通するのは、「最期は自分の家に帰って暮らしたい」ということなんですね。

小笠原:そうなんです。みなさん、自分の余命が長くないことを知ると、病院や施設より家がいいとおっしゃいます。今は介護保険制度がありますし、在宅医療の質も向上していますから、ひとり暮らしの末期がんの患者さんでも最期まで家で過ごせるようになりました。

室井:私は富山で生まれ育ったんですが、昔はお医者さんに往診に来てもらうのは当たり前のことでした。わざわざ病院に行くというと、そんなに重い病気なのかなと思っていたくらいで。亡くなるのも必ず家で、家族みんなで看取って、お医者さんが「ご臨終です」と告げて…。

小笠原:それがどこの地域でも、日本の文化でしたね。

室井:でも、東京に出てきて、そういう景色を見なくなりました。私の家族では、祖母と母が病院でしたし、この何十年でずいぶん変わったんだなって。

小笠原:ものすごく変わりました。40年前までは家で亡くなる人が多かったけど、今は約8割の人が病院で亡くなっています。それまで介護を担っていた女性の社会進出で、介護の必要な人を入院させることが増えたこともあって、家で死ねなくなっています。

室井:そういうことなんですか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン