国際情報

「二人っ子政策」の中国でなぜまだ産み分けが求められるのか

中国社会はいまだに男尊女卑の傾向

 中国において「産み分け」の需要が減ることはないのはなぜか。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 7月末、中国深圳市の皇崗海関(税関)は、怪しい荷物を香港に運び込もうとしていた女性を捕まえ調べたところ、なかからパッケージされた203本分の人間の血液サンプルがみつかった発表した。

 同時に税関は、この女性がある種の運び屋で、運んでいたサンプルがすべて妊婦から採取したもので、交通費や報酬も受け取っていたことを認めたと発表した。

「女性の行動の意味が性別判断だったってことは、誰もが分かったはずです。そして出産前に胎児の性別が知りたいというのは、いまだ男尊女卑の傾向を持つ中国社会において、胎児が女と分かれば中絶するかもしれないという大きな問題に直結するため、深刻に受け止められます。人々にとっては衝撃のニュースでしょうね」(北京の夕刊紙記者)

 ニュースはたちまち、色とりどりに並んだ血液サンプルの前で説明する二人の女性税関職員の写真とともに配信され、大きな反響を呼ぶことになった。

 この事件を問題視した人々の中でも、最も強い反発が起きたのが、「いまや『二人っ子政策』が認められているのに、なぜまだこんなことをするのか」という点に対してだった。

 中国は一人っ子政策から、両親がともに一人っ子である場合には二人目が許されるという緩和策を経て、2015年10月から「二人っ子政策」が全面的に認められた。それでもなお、産み分けに対してこれほどのエネルギーを費やされている。

 受胎後の早い段階で胎児の性別を知りたがるのは、農村が男性を労働力として重宝したり、女性しかいないと後継ぎに困るという古い因習が絡むためである。つまり、産み分けは一人っ子の制限という時代錯誤の政策を依然想起させるものなのだろう。

 この事件がいみじくも抉り出したのは、一気に外の価値観を受け入れる都市において、いつまで古い価値観にとらわれるか、のギャップであり、ある種の中国の縮図であった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン