ライフ

老眼を防止し、視力回復も期待できる1日2分の眼トレ方法

アンチエイジングドクターの日比野佐和子さん

 目はレンズの役割をする水晶体の厚みを調節し、自在にピントを合わせる。この水晶体は、毛様体筋と呼ばれる眼球内の筋肉によって厚みが調節されているが、加齢によって水晶体が硬くなり、毛様体筋の筋力が衰えると、近くのものにピントが合わなくなる。これが老眼の原因だ。

 老眼は治らないとよくいわれるが、アンチエイジングドクター・医学博士の日比野佐和子さんは、「努力次第で予防及び、改善も期待出来る」と話す。

「目をよく動かすと目の周りの筋肉がほぐれ、血流がスムーズになります。そうすると、目に酸素が行き渡り、視力回復につながるのです。早い人で、眼トレをはじめて約2週間で“よく見えるようになった!”“老眼鏡がなくてもハッキリ見えることが増えた”ということも多いです。目の周りの血流や代謝がよくなるので、老眼予防や進行の抑制だけでなく、クマやたるみの防止、眼性疲労の解消にも効果的です」

 大切なのは毎日行うこと。1日2分、早速今日から始めよう。

■遠近トレーニング
 毛様体筋は近くを見ると緊張し、遠くを見ると緩む。近く遠くを交互に見ることで、目のピント調節機能が鍛えられる。

【1】人指し指の爪を見る
 一方の手をまっすぐに伸ばし、人差し指を立てる。人差し指の爪を1秒間凝視する。
【2】3~5m先を見る
 3~5m先に対象物を決め、それを1秒間凝視する。①②を30回繰り返す。1日何回行ってもよく、目の疲労回復にも効果的。

■8点ぐるぐるトレーニング
 8つの方向を凝視することで眼球の周りにある外眼筋と、目のピント調節に関係する内眼筋を刺激。血行がよくなり、顔色も明るくなる。

■グー・パートレーニング
 毛様体筋をほぐす。同時にまばたきをする際に使う、目を囲んでいる眼輪筋も鍛える。血行がよくなり、目の下のクマやたるみも改善。まばたきをすることで涙の分泌が促されるので、ドライアイの人に特におすすめ。

【1】目をぎゅっとつぶる
 思いっきりぎゅっと力を入れて、2秒間目を閉じる。
【2】目をぱっと開く
 勢いよくぱっと目を開き、2秒間そのままに。【1】【2】を3~5回繰り返す。

※女性セブン2017年8月24・31日号

関連キーワード

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
有働由美子と膳場貴子
【25年の因縁】有働由美子と膳場貴子“6才差のライバル関係” NHK時代に激しいエース争いを繰り広げた2人の新たなチャレンジ
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン