• TOP
  • 国内
  • 鱧のおすましやステーキ騒動 世代間闘争はネットの風物詩

国内

2017.08.18 07:00  週刊ポスト

鱧のおすましやステーキ騒動 世代間闘争はネットの風物詩

中川淳一郎氏が炎上事件について語る

 年長者による若者批判はいつの時代も続く争いだが、ネットの世界でも同じように繰り返されている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ツイッターで起きた世代間闘争から、ネット炎上を回避するすべを考えた。

 * * *
 世代間闘争はネットの風物詩である。フェイスブックは、若者からすれば「オッサンの説教・自慢の場でウザい」と敬遠される。インスタグラムは、キラキラし過ぎていて、オッサン・オバサンは入りづらい雰囲気があり、中年が自撮り写真でも公開しようものなら若者から「痛いジジイ・ババア」扱いされる。

 そんな中発生したのが、ツイッターで57万超のフォロワーを持つ劇画原作者・小池一夫氏(81)をめぐる炎上騒動である。同氏はこうツイートした。

「食費にお金を若者はかけられないというが、それは、言い訳。今日のお昼ご飯、鱧のおすましだったけど、家人に聞いたら、実質何百円だって。骨切りした鱧も旬だから安いし、他の材料も残りものだしって。やれば出来る。やらないだけ」

 これが炎上したのだが、理由は「高級食材である鱧を使っている」「お椀1杯何百円、は高い。自分は20円の吸い物飲んでる」「妻に作らせておいて何自慢しとるのだ」などだ。

関連記事

トピックス